洋服を捨てる基準とは?はっきり言えば少しの決断力です。【整理したい人向け】

洋服の整理どうしようかなぁ?
捨てどきがわからないなぁ。

 

今日はこんな疑問に答えていきます。

洋服を整理しようとするとき、どうすれば良いか迷いますよね。
まだ着れるから捨てられない。この服はお気に入りだったからまだ着る。

そうやってどんどん溜まってしまうのが断捨離です。

今回はそんな整理をスムーズにする方法やお別れの方法を紹介しています。

この方法と少しの決断力があればできます。

本記事の内容

  • 洋服とのお別れの方法がわかる
  • 洋服の捨てどきがわかる

洋服とのお別れの方法

・リサイクル
・売る
・捨てる

洋服を整理するときは主に3つの方法があります。
順に説明していきます。

洋服をリサイクル

洋服にはリサイクルという方法があります。
各ブランドごとに取り組んでいるので、自分にあったものを見つけてみて下さい。

ZOZOTOWNでは古着の買取サービスがあって、現金または新品を買うときに買取分を値引しくれます
指定のキットを受け取るだけです。送料も無料。
買取NGの物もあるので詳しくは以下から。

ZOZOTOWN HP

無印良品では自社の繊維製品を回収しています。
無印の衣料品やタオル、シーツ、カバー類などをお店に持っていくことで、
ポイントに変えてもらうことが可能です

ユニクロやGUでは自社製品を回収して、世界中の難民に寄付する活動をしています。

他のお店も独自のやり方をしているので、買った洋服のお店を調べてみると良いと思います。

他の誰かに着てもらったり、何か他の商品になるのは嬉しいですよね。

洋服を売る

洋服を売る方法は色々な方法があります。
古着屋さんに持っていくことやメルカリ、ネットでの買取など。

ブランドの服を売るならネットがオススメです。
気軽に査定もできるし、お店に行く手間が省けます。
ブランディアブランドゥールなどたくさんのサイトがあります。

洋服を捨てる

最後は洋服を捨てること。

売れそうにない服や着ない服をまとめて処分できます。
これが手っ取り早い方法だと思います。

でも、気軽に捨てられたら苦労はしないですよね、
なので、捨てる基準や時期を次に書いていこうと思います。

洋服の捨てどき

洋服の捨てどきは状態や期間によって違います。

自分のタンスの中の服の状態を確認してみて下さい。

洋服の捨てどき

まず、Tシャツなら首がよれよれになったときです。
どんなに良い服でも洗濯していると糸がたるんできてしまいます。

スキニーなら膝や股が破れる意外にも、
細身なら膝抜けしたら限界です。

膝抜けとは膝のあたりがぽこっと膨らむ現象のことです。
しゃがんだり立ったりするとどうしても生地が伸びてきてしまいます。
膝がポコっと出てきしまうとシルエットが崩れるので、捨てどきです。

オシャレをするときはシルエットも大切なポイントになります。

いつまでの服を捨てるか

破れたり、穴が空いたり、よれよれになったりして、捨てるのはわかるけど、
休日しか着ない服の捨てどきがわからない。

そんなときは2シーズン着なかったら手放すです。

ずっと着ていない服だし、ダメになっていないし、もったいないからとタンスに入れておいても、着ないものは着ません。1シーズン着ないなら捨てることもありだと思います。でも、万が一着る可能性もあるかもしれないので、2シーズン着なかったら捨てるべきです。

それに似たようなアイテムが買えなくなってしまうので、捨てましょう。

どうしても捨てられないならパジャマにする方法もありです。
でも、そこまで断捨離ができないなら段階を踏みましょう。

キープボックスを作る

どうしても悩んでしまうことがあると思います。

その場合は期限つきのボックスを作りましょう。
段ボールなどにまとめて外側に期限を書いて置きます。

例えば半年後。〇月〇日までと明確に記載し、
ボックスを目に付くところに置いておくこと。

この際に気をつけたほうが良いのはボックスを見えるところに置くことです。
変なところに置いたら気がつかないと思います。

あとはいつも通りの生活を過ごして必要であればボックスから取り出して使用する感じです。
期限までボックスに残った物は処分しましょう。

洋服のリメイク

思い出のある洋服やお気に入りの服でも痛んでいることがあると思います。
どうしても着たいのに・・・。

そういうときは補修やリメイクという方法もあります。

自分でするならハサミで切ったり、貼り付けたりすることで
生まれ変わらせることが可能です。

例えば、膝抜けしたらハサミで切ることや
長袖の服を半袖にするなど。

そうやって手作りのリメイクができます。

あとお直し屋に相談するのもありです。
ブランドものや大切なものは自分でリメイクするよりも
お店で相談した方が確実です。

服のあらゆる部分が直せます。

例えば、お腹が出て着れなくなっても、布の折り返し部分を開いて
ウエストを広くしてくれるようなこともしてくれます。

そういったお店は駅近やデパートの中にあるので探してみると良いと思います。

これはリサイクルとも言えますね。

まとめ

洋服を整理するなら

・リサイクル
・売る
・捨てる

それぞれ自分にあった方法で整理してみて下さい。

処分する場合は2シーズン着なかったら捨てましょう。
どうしても迷ってしまうならボックスを用意して、
期限を決めるのが大切です。

捨てるときは大胆にしたほうが良いかもしれません。

多少、勇気が必要ですがやりましょう!

このように洋服の整理方法はたくさんあるので、
組み合わせるのもありだ思います。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました