【オシャレ初心者向け】ファッションで大切な見た目のバランスを整える3つの方法

下半身が重要なのはわかったけど、

それ以外はどうすれば良いのか…

 

下半身がオシャレになるために重要ということを以下で話しました。

オシャレになる第一歩としてこのアイテムがオススメです。

【オシャレ初心者向け】これ一つで男性が簡単にオシャレになれるファッションアイテム

それを踏まえて、どういった色を使えばいいのか?

【オシャレ初心者向け】オシャレで大人っぽくなる色合いと着方

よりオシャレになるアイテムです。

【オシャレ初心者向け】下半身をオシャレに見せるメンズファッションアイテム

これらを踏まえて、お話します。
下半身のアイテムは揃えたけど、どうやって着こなせばいいのか…。

そんな悩みを解決する、バランスが良くなる方法についてお話します。

こんな人向け

 ・オシャレ初心者

・体型を気にしている人

・コーディネートに困っている人

オシャレに必要なのはドレスとカジュアルのバランスです。
その対比をどこに合わせるのかで、普段着から冠婚葬祭までカバーできます。

しかし、対比のバランスだけではカッコ悪くなってしまうことがあります。

その原因は、シルエット

見た目のバランスも良くないといけません。

今回はシルエットについてお話します。

見た目のバランスを整えるシルエット

日本人は欧米の人に比べてバランスが悪く見えがちです。
原因は、胴長短足の人が多いから。

海外の人って細くて、足が長い人が多いですよね。
まさにマネキンみたいな体型。
お店のマネキンをそのまま買っても似合わないのはそういうことです。

そんな日本人でも体型をカッコよく見せる方法はあります。

それは服でシルエットを作ること

体型を使って美しく見せるシルエットには、大きく分けて3種類の見せ方があります。

Iラインシルエット、Yラインシルエット、Aラインシルエット

そのシルエットについて説明していきます。

Iラインシルエット


引用:https://clubd.co.jp/wp/post-124006

上下とも細身で作るのがIラインです。
上から下まで凹凸のないシルエットが特徴で、
一番簡単に作れます。

普通の体型の人は、Iラインシルエット(ボトムス細い×タップス細い)がオススメです。

上下とも細身で体にフィットしたアイテムを選ぶだけなので、
これが一番簡単。

ちなみにスーツのシルエットもIラインになります。
なので、ドレスライクな雰囲気を作りやすいことからも初心者向きです。

デニムジャケットやレザージャケットなど、ジャケット系と合わせる場合はIシルエットを意識するとうまくいきます。

Aラインシルエット


引用:https://clubd.co.jp/wp/post-124499

次はAラインシルエット

足が太いスポーツ体型の人にオススメです。

イメージ的には下半身にゆとりを持たせるシルエットになります。
Aラインシルエット(ボトムス太い×トップス細い)

スポーツをやっている人の多くは下半身を鍛えることが多いと思います。
その分、太ももが太くなってしまい、細身のスキニーが合わないことがあるはずです。

そんな人がオシャレになるには、メリハリのあるシルエットを作ること。
上下のメリハリが大事なので、あえてワンサイズ大きめのボトムスを選ぶ方法もありです。

Yラインシルエット


引用:https://clubd.co.jp/wp/post-124483

最後はYラインシルエットです。

お腹周りが気になる人向けのシルエットです。
Yラインシルエット(ボトムス細くとトップス太い)

YラインはAラインとは逆にトップスにボリュームを保たせるシルエットになります。

大きめのトップスを選ぶことで上下のメリハリのあるシルエットが作れます。

冬のコーディネートは上着を着込むことが多いので、このYラインを意識すると良いと思います。

ボリュームのあるストールを巻くのもオススメです。
顔周りに巻くことで小顔効果を期待できます。

大きくこの3つを意識するのが良いでしょう。
しかし、体型が太めの人はOラインシルエットというものを意識しても良いかも知れません。

お腹周りや下半身の太さが気になるという人向きです。

こちらは卵のような丸みのあるシルエットを意識して作ります。
トップスはやや緩めの長さの丈を選び、ボトムスは腰周りにゆとりがあって、先端に向かって細くなるテーパードパンツ。
このシルエットを作ると、腰の位置がわかり辛くなって足が長く見せる効果が期待できます。

視覚効果で実際より細く見せることができるのです。

テーパードパンツは下半身が太くてスキニーなんて履けないという人向けです。

裾周りが細いので、スキニー同様に細身の印象を与えます。
太っている人もウエストやお尻周りを気にせず履けるので、細身のシルエットを作り出せます。

その際は、トップスはゆったりめ、着丈は長めがオススメです。
短い丈のトップスに細身のパンツだと体型が目立ってしまいます。

軽いまとめ

まず、意識するのは細身のシルエットを作ること

体型や洋服に合わせて、全身または上下どちらか半身を細身にすることです。それを踏まえた上で、今までの記事を参考にコーディネートをしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました