【ミステリー小説】仮面病棟の読んで。あらすじと感想

意外な真実は悲しさへと繋がっていく。

どんでん返しが最後に来る小説を紹介します。

知念実希人さんの
「仮面病棟」

密室で繰り広げられる医療ミステリー小説です。
映画化もされている話題作です。

仮面病棟

作者

知念実希人

1978年、沖縄生まれ。2011年、第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞、翌年、「誰がための刃 レゾンデートル」で作家デビュー。
現役医師としての経験に裏打ちされた医療描写と魅力的なキャラクター描写で人気となる。

他にも神酒口ニックで乾杯をを書いています。
【ミステリー小説】神酒クリニックで乾杯をを読んで。感想とあらすじ

あらすじ

強盗犯により密室と化す病院。息詰まる心理戦の幕が開く!

療養型病院にピエロの仮面をかぶった強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。先輩医師の代わりに当直バイトを務める外科医・速水秀悟は、事件に巻き込まれる。秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知る――。そして「彼女だけは救いたい……」と心に誓う。閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。迎える衝撃の結末とは。作家・評論家の法月綸太郎が「閉鎖状況の謎に挑戦してほしい」「クリアでエッジの立った解決と苦い読後感」と語る注目作。現役医師が描く<本格ミステリー×医療サスペンス>。人気急上昇の新鋭ミステリー作家、初の文庫書き下ろし!! [解説/ 法月綸太郎]
引用:実業之日本社文庫

見どころ

・映画化されている

主演、坂口健太郎さん、永野芽郁さんで映画化もされています。
脇を固める俳優陣も豪華です。
気になる方は公式HPを確認してみて下さい。

映画 仮面病棟 HP

・クローズド・サークル

この作品はクローズド・サークルを舞台に繰り広げられる本格ミステリーです。
クローズド・サークルとは、外部との連絡が遮断された場所に複数人の人が閉じ込められ、その中で殺人がおこる設定のことを言います。
仮面病棟では密室の中で予想外の展開が待っています。
ぜひ、密室ミステリーが好きな人はこの謎に挑戦してみて下さい。

・医療ならではのトリックと真実

知念実希人さんは、作家でありながら日本内科学会認定医でもあります。医者ならではの目線とリアルな医療描写が、そのまま作品に反映されています。今回の仮面病棟も医者ならではのトリックと真実を使って読者を楽しませてくれます。

感想

本格ミステリーでありながら、医療の闇を見た気がします。
実際にこれをやっているところもあるかもしれない…。
そう思ってしまうほどリアルな医療事情を目の当たりにしました。

お医者さんにしか書けないお話ではないかと思いました。

真実やトリックは面白かったです。
登場人物の少なさとクローズド・サークルの状況なので、
感のいい人なら犯人がわかってしまうかもしれません。
それでもお話的には楽しめるはずです。

密室で展開される物語は、どんな展開になっていくのか、
ハラハラします。
登場人物の一挙一動を注目しながら読んでみて下さい。

主人公の速水は、不運だったなと思いました。
たまたま当直を代わってしまったがために事件に巻き込まれる。
でも、大抵の主人公って巻き込まれることが多いですけどね。

正直言えば、ラストはモヤモヤが少しあります。
個人的にはもっとはっきりとした終わり方の方が好きです。

それでも全体を通して考えると、この終わり方の方がいいのかもしれないと感じました。

映画にもなるほど話題の作品なので、密室医療ミステリーに興味が湧いたら、ぜひ読んでみて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました