【サッカー】守り方にもセオリーがある!守備の優先順位とは?

守るときにどう判断すれば良いのかわからない・・・

ゆうやけ
ゆうやけ

そんなディフェンスの悩みに答えていきます。

サッカーの守備は相手の意図を瞬時に判断してそれを防ぐことが求められます。

その状況判断は自分でしなければなりません。
でもその判断て難しくないですか?

何か指針があればいいのに・・・って思いますよね。

サッカーの守備にもセオリーがちゃんとあります。
この記事ではそのセオリーと状況判断について紹介していきますね。

センターバックやサイドバックなど、ディフェンスを担当している人向けの記事です。

本記事の内容

  • サッカーの守備セオリー
  • ボールが来たときの対処法

この記事を読んでセオリーを身につけていきましょう。
そうすることで落ち着いて相手の対応ができるようになります。

ではさっそく解説していきますね。

サッカーの守備セオリーは2つ!

Embed from Getty Images

  • ボールと相手を同時に確認する位置に移動すること
  • マークする相手をしっかりと監視すること

守備のセオリーは主に2つです。
常に相手を監視しできる位置と視野が必要になります。
これができると落ち着いて相手の対応をすることができます。

ボールがマークする相手に来る前は、このやり方で守るのがセオリーです。
これを最優先にしましょう。

なので順に詳しく解説していきますね。

サッカーの守備セオリー①:ボールと相手を同時に確認する

セオリーの最初はボールと相手を視野の中に収められる位置に移動することです。

ボールだけを見てしまうとマークする敵を見失う可能性があります。
逆にマークする相手しか見ないとボールがどこにいったかわからなくなってしまいます。

なので、ボールとマークする相手が視界に入る位置を常に心がけることが重要です。

これを意識して自分のポジションを決めていきましょう。

それでも試合中は何が起こるかわかりません。
このセオリー通りに視界にボールと敵を収めることができない場面も出てくるはずです。
そんなときは味方と連携して対応するかマークする相手の位置を考えて行動していきましょう。

味方と連携の場合は声を出したり、マークをスライドして対応していきます。
相手をフリーにするのが危険なので、それを極力なくす工夫が必要です。

サッカーの守備セオリー②:マークする相手をしっかりと監視すること

ボールと相手を同時に確認する位置に行きながら、マークする相手をしっかりと監視することが大切です。

相手を見失ってしまうと、その選手が自由にボールをもらうことができるので結果、得点になってしまいます。

なので、マークする相手を見失わないようにしましょう。

最悪ボールを見失っても良いです。マークする相手の動きでボールが来る位置も予測することができます。

もし自分のマークする相手にボールが渡った場合にもセオリーがあるので紹介していきますね。

マークする相手にボールが渡った場合の対処法とは?

Embed from Getty Images

  • インターセプトをしてボールを取る
  • ボールをコントロールした瞬間を狙う
  • 裏をとられないようにする

自分が担当している相手にボールが渡ったときの対処法は上記の3つです。

まず渡す前に取れるのが1番なので、インターセプトを狙っていきます。
もしダメだったらトラップした瞬間、次に裏をとられないようにする。

このように状況によって対処法を変えていくことがセオリーです。

順に説明していきますね。

マークする相手への守備対応①:インターセプトをしてボールを取る

理想は相手にパスが渡る前にカットする方法です。

相手に渡る前にボールを取れるので、いろいろな対応をしなくてすみます。
またそうすることで、すぐに攻撃に移ることが可能です。

なので、狙えるなら積極的に行くべきです。
でもチャレンジが失敗したらピンチになるので、無理はやめましょう。

インターセプトの詳しい方法は以下で解説しています。

【サッカー】インターセプトのタイミングとは?守備が上手くなるコツ【タイミングです】

マークする相手への守備対応②:ボールをコントロールした瞬間を狙う

もし相手にボールが渡ってしまったら、ボールをコントロールする瞬間を狙いましょう。

この瞬間が一番ミスしやすいタイミングです。
プレッシャーをかけることでミスを誘発することができます。

ボールを止める瞬間は誰でも一瞬だけ視界が下に向きます。
ちゃんとボールを止められるか確認をしたくなるからです。
なので、その一瞬を逃さないで対応していきましょう。

マークする相手への守備対応③:裏をとられないようにする

トラップのタイミングやボールを奪えないときは裏をとられないようにしましょう。

裏をとられたらゴールになってしまう可能性が高くなるので、とにかく相手に抜かれないようにポジションをとることが大切です。
後ろに少しずつ下がりながら味方の戻りを待つのがセオリーになります。

でもズルズルと自陣へ下がってしまうとゴールを奪われる確率も増えるので、どこで止めるのか決めておくと良いです。

これはチームの約束ごとにしておくと試合中、混乱がなくなります。

距離感については以下を参考にして距離をとってみて下さい。
【サッカー】相手によせるタイミングはいつ?守備を向上させる考え方

守備のセオリーについてまとめ

守備のセオリーについて紹介してきました。

まずは相手を見失わないように相手を監視する。
それと同時にボールがどこにあるかわかるように2つが見える位置に移動しましょう。

もし相手にボールが渡ったら以下のように対処して防ぎます。

  • インターセプトをしてボールを取る
  • ボールをコントロールした瞬間を狙う
  • 裏をとられないようにする

理想は相手がボールを貰う前の段階でカットする、インターセプトです。
どんなに上手い選手でもボールを持っていなければ、怖くはありません。

なので、上手い選手にこそ、ボールが渡る前の段階で取ることが最善の策になります。

パスの速さやテクニック、相手の能力、距離感、自分の実力・・・色々な要素によって変わってくると思うのでその都度状況を見て、正確な位置取りとプレーの優先順位を考えましょう。

ボールが渡ってしまったら足でコントロールするタイミングを狙います。
それでもダメなら距離をおいて後ろに下がりましょう。

味方と連携しながら奪いにいきます。

これが基本的なセオリーです。

その他、ドリブルで向かってくる場合や抜かれてしまった場合などで対応が変わるので、気になったら参考にしてみて下さい。
【サッカー】ドリブルで向かってくる相手を止める1つの方法。【ようはタイミングです】

【サッカー】自分の後ろを使われたときの対処法とは?【ようはチームワークです】

このようにセオリーを理解していれば落ち着いて対応することができます。
知っているのと知らないのではだいぶ違うので、まずは頭に入れておくと良いです。

これを活かしてディフェンス対応していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました