【サッカー】ボランチの守備。相手への距離の詰め方。

ボランチについて前回は書きました。

【サッカー】ボランチとは?役割と必要な能力の解説。

今回は、ボランチの守備について。
どうやって相手に寄せるかです。

ボランチ(守備的なミッドフィルダー)のアプローチの仕方

アプローチ

現代のサッカーはゾーンディフェンスが主力です。

ゾーンディフェンスとは、自分の守備するエリアをある程度決めて、そこに来た相手を止める方法です。
ゾーンとマンツーマンの違い。知っていて損はない、守備戦術の基本

ゾーンの場合はチームで守ることがほとんどです。なので、状況によっては、ボランチの選手が自分でボールを取りに行く必要はありません。
ボランチで奪えれば一番良いですが、かわされたら厄介です。
コースを限定しながらアプローチして、センターバックと連携した方が確実です。

守備が苦手なボランチでも、しっかりとアプローチすることで、ボール奪取は可能です。

最終的にどんな形でも奪うことができれば良いのです。

距離感

ボランチの守備で大切なのはアプローチです。

ゾーンの場合は自分のエリアに来た相手をマークします。
その際、相手へのアプローチは人によって適切な距離が違います。

自分が取れる範囲の限界を見極めて、ポジションの修正が必要です。

いつ寄せるかは、その時の状況で変わってきます。
目安は相手の足からボールが離れた時

これ以上早いと相手に読まれてしまいます。

相手の利き足や次に蹴りそうな方向を判断して、そこからアプローチをしかけましょう。

注意点として全力ダッシュで取りに行かないこと

全力ダッシュで取りに行く人がいますが、それだと急な変化に対応できません。
なので、ある程度のところまで全力で寄せて、安定して守れる距離で止まことが大切です。

相手にぶつかるタイミング

相手にぶつかるタイミングはトラップ際です。
ボールを持った選手が最も無防備になるのが、トラップした瞬間だからです。

それはトラップする瞬間、必ず相手の顔が下がるから。
どんなに技術がすごい選手でも下を向きます。
上手い選手は下を向く時間が短いだけ。

顔を下げられている時に寄せられると、ボールを持った選手は実際の距離以上に近づいてきたと錯覚します。「早く次のプレーに行かなければ」と思い、ミスを誘発することが可能です。

またプレッシャーがかかれば、後ろの選手は予測と準備ができます。
そのため例え抜かれてもセンターバックやサイドバックがカバーしてくれます。

このようにアプローチする場合は、自分が守れる距離を知り、常にポジショニングを怠らず、ボールが入った瞬間に体をぶつけるのが一番です。
これがボランチのボールの寄せかたです。

タイトルとURLをコピーしました