【小説・ライトノベル】オーバーロード1巻のあらすじとネタバレありの感想。

圧倒的な強者の物語

ダークファンタジー小説。

丸山くがねの「オーバーロード

今回は1巻について書いていきたいと思います。

本記事の内容

  • オーバーロードのことがわかる
  • オーバーロード1巻の感想とネタバレ

まずはオーバーロードについて解説していきます。
これを読めばオーバーロードのことがわかるので、初めて読む人でも安心してくださいね。

さっそく紹介をしていきます。

オーバーロードをわかりやすく解説!

オーバーロードとは、丸山くがねによって書かれたダークファンタジーです。

最初は小説投稿サイトにて連載を開始。それから小説家になろうというサイトを経て、KADOKAWAから書籍が出版されるようになったライトノベル小説です。

このライトノベルがすごい2017年版で、単行本・ノベルズ部門で第1位を獲得しています。

この作品をざっくりいうとRPGなどに登場する魔王的なキャラが、異世界に飛んで暴れるお話です。
なので、圧倒的な強さと残虐な行為が見どころと言えます。

まさにダークファンタジーという括りがうってつけの小説です。

オーバーロードのあらすじ

その日、長らく続いたVRMMORPG「ユグドラシル」のサービス終了に伴いプレイヤーの1人であるモモンガは、かつて栄光を誇ったギルド、アインズ・ウール・ゴウンの本拠地で郷愁を胸に、一人だけでゲームの終わりを迎えようとしていた。

サービス終了までのカウントダウンが始まる中、モモンガは目を閉じて仲間達との思い出を回想しながらユグドラシルの終了を待っていたが、終了時刻を迎えても強制ログアウトは起こらず、NPC達は意思を持って動き出し、自身もゲームの中の(自分が作った)キャラクターとなってしまったことに気付く。

モモンガはかつてのギルドの栄光を再び手にするべく、アインズと名を改め、ナザリック地下大墳墓の勢力を率いて暗躍し始めるのであった。

ナザリックが転移した異世界、不思議とかつてのユグドラシルと似通った部分を発見したアインズは自分達の持つ力がこの世界の常識と比較してあまりにも強大であることに気付きながらも万に一つの可能性を潰すべく慎重な姿勢を崩さない。まだ見ぬ強者、知らない技術、何よりその裏に見え隠れするプレイヤーの痕跡に。

引用:オーバーロード wikipedia

オーバーロードはアニメ化もされている

オーバーロードはアニメ化されています。
第3期まで放送されている人気アニメです。

アニメはキャラクターに動きと声が吹き込まれているので、小説と違った魅力があります。
小説よりも観やすいのが特徴です。
でも分厚い小説なので当然省かれている場面も多数あります。

アニメ公式サイト

U-NEXTで観ることが可能です。
無料視聴期間があるので、活用してみてはいかがでしょうか。

U-NEXTはここから

オーバーロードの主な登場人物を紹介!

アインズ・ウール・ゴウン/モモンガ

本作の主人公。現実世界では鈴木悟という冴えないサラリーマンでしたが、ユグドラシルというゲーム内ではアンデッドの最高峰オーバーロードです。そのため、ゲームの中では強大な力を所有しています。その時のニックネームがモモンガです。異世界に転移後は、自信がリーダーとして所属していたアインズ・ウール・ゴウンと名乗ることになります。これはこの世界にギルドメンバーや他のプレイヤーを探すためです。見た目は骸骨で、胸のあたりに赤い球体の秘宝があります。

アルベド

アインズの部下の1人。階級守護者統括という役職に就いています。階級守護者とは、アインズの本拠地を守る精鋭のことを意味します。本拠地であるナザリック大墳墓は全部で10階層あり、それを何人かの守護者が担当を分けて守っています。アルベドはその守護者を纏める人物です。外見は、腰から黒い翼を生やし、こめかみからは山羊のような角をつけた絶世の美女。

アインズが設定を自分が好きと変えたことで、アインズのことを愛すようになってしまいました。

シャルティア・ブラッドフォールン

ナザリックの第1~3階層を守っている吸血鬼。外見は、白い肌と真紅の瞳、長い銀色の髪が特徴的な14歳の少女です。しかし、1対1であれば守護者の中で最強と言われています。アルベド同様にアインズを愛している一人です。

コキュートス

ナザリック第5階層の守護者。巨大は二足歩行の昆虫。常に冷気を纏わせたブルー体に、4本の腕を持つ。鎧兜のような外見で、中身は武人のような性格をしている。

アウラ・ベラ・フィオーラ

ナザリック第6階層の守護者。外見は10歳くらいの少女。金髪のショートヘアで瞳が緑と青のオッドアイになっているダークエルフです。製作者の遊び心で男装させられている。元気いっぱいの性格で、明るい子供のようなイメージです。

マーレ・ベロ・フィオーレ

ナザリック第6階層の守護者。マーレの双子の弟。外見はアウラそっくりだが、スカートをはかされた女装をしています。気弱な性格で、姉には逆らえない。

デミウルゴス

ナザリック第7階層の守護者。アインズの参謀的な存在です。口調は非常に慇懃であり、スキルもあって耳あたりがよく聞こえます。悪魔と言う種族やインテリのような姿にふさわしく、ナザリック最高峰の頭脳の持ち主です。それゆえ、アインズの考えをも凌駕しているので、言動に悩まされることがあります。本人は主人であるアインズの方が自分よりも頭が良いと思っているので、このギャップが面白さの一つです。

セバス・チャン

ナザリック第9・10階層に控えるメイド長兼執事。守護者ではないが同等の扱いを受けています。外見はタキシードに身を包んだ、白髪白髭の老執事です。真の姿を見せたときの戦闘能力は、ナザリックでは随一の存在。

 

オーバーロード1巻「不死者の王」を読んでの感想

この本を一言で言うなら、魔王側のRPG。

別世界に飛ばされてみたら、最強の分類に自分がなっていたという感じです。

飛ばされた世界では、主人公が神のような存在になってしまいます。異世界の人々が
主人公のことを恐れ、お崇めるからです。
魔王が突然、自分の前に現れたら・・・想像するだけで怖いですよね。

このお話は良くある異世界転移ものです。
違うのは圧倒的な強さを最初から持つ、異形の支配者ということ。主人公の見た目が人間以外って中々ないんじゃないかなと思います。異形の支配者って、まさにRPGのラスボスですよね。そんな主人公だからこそ、優越感を一緒に味わえるのではないかと思います。

でも内心は内心ビクビク状態です。
中身が普通のサラリーマンで、そこは変わらないからです。
そんな主人公からしたら未知の世界にいるという怖さを常に持って過ごしています。

そういった見た目と中身のギャップも面白さの一つです。

また内面のギャップはそれだけではありません。
部下のアルベドやデミウルゴスは、モモンガよりも頭が良く、常に何を考えているかわからない存在です。支配者である以上、部下よりも知的でなくてはならないと思う主人公は、どう答えればいいのかと常に不安やあせりを持っています。頭をフルに使うことで導き出した答えを否定されるのではないかと、内心ドキドキが止まらない状態です。
これが事あるごとにおこります。

この悩みを見ているが面白いのですが、実際自分が同じ状態だったら主人公と同じ気持ちになると思います。現実でこうはなりたくないです。

この1巻では異世界に飛ばされて手探りの中で、どんな世界なのかを知るために動いていきます。
なので今後どうなっていくのかワクワクが止まりません。

本自体は、382ページです。黒いカバーで少し分厚く感じますが、読んでいくうちに、あっと言う間に終わってしまうと思います。それだけ、引きこまれる内容です。

見た目と話の内容からグロさを想像するかもしれませんが、まだそんなことはないので大丈夫です。

ラノベはあまり読まないのですが、久しぶりにハマった作品でした。

次のお話はここから。

【小説】オーバーロード2巻を読んでのあらすじと感想。

タイトルとURLをコピーしました