【ミステリー小説】十角館の殺人を読んで【あらすじとネタバレありの感想】 

衝撃の告白によって、全てが覆る。
そんな急転直下に物語が動く小説です。

十角館の殺人

今回は綾辻行人さんのデビュー作であり、日本ミステリーの傑作品の一つにも挙げられるほど高い評価を得ている、「十角館の殺人」を紹介していきます。

ミステリー小説、綾辻 行人さんの十角館の殺人

十角館の殺人の作者

綾辻 行人(アヤツジ ユキト)

1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院博士後期課程修了。在学中は京都大学推理小説研究会に所属する。1987年に『十角館の殺人』でデビュー。「新本格ミステリ」ムーヴメントの嚆矢となる。1992年に『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。「館」シリーズという一連の長編は、現代本格ミステリを牽引しつづけている。ミステリ、ホラー、怪談など幅広く活躍。2012年に「館」シリーズ9作めとなる『奇面館の殺人』(講談社ノベルス)を上梓。

十角館の殺人のあらすじ

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の7人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける! 1987年の刊行以来、多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。(講談社文庫)

すべてはここから。清冽なる新本格の源流!大学ミステリ研究会の七人が訪れた十角形の奇妙な館の建つ孤島・角島。メンバーが一人、また一人、殺されていく。「十角館」の刊行から二十年。あの衝撃を再び!             講談社

十角館の殺人の読みどころ

・予測不能の展開

島で次々とおこる殺人。なんの前触れもなく人が死んでいきます。
次にどうなっていくか全く予想がつきません。
展開を予想しながら読むと楽しめると思います。

・衝撃の一言

物語が展開していく中で、ある人物が言い放つ衝撃の一言が全てを変えてしまいます。
その一言が話される前に犯人がわかったとしたら、あなたは天才だと思います。

・最後の伏線

小説の最後にある伏線が回収されます。そのことで犯人は自主することを決意します。それは物語の冒頭に出てくるので忘れずに読んでください。ヒントは瓶です。

 

ゆうやけ
ゆうやけ

ミステリー小説の代表格のような本です。なので、ミステリー好きなら読んでおいて損はありません!!

十角館の殺人の感想とネタバレ

※感想にネタバレが含まれています。

勘違いしてしまいました。見事に騙されました。

この小説は叙述トリックによって思い込みをさせられます。
普通に読んでいたら気がつかないと思います。

犯人のトリックに騙されたんじゃない。
作者のトリックに騙された。
そんな、感想を抱いてしまった小説でした。

作者は隠蔽を手助けした共犯者です。

ヒントはサラッと書かれていましたが、
私は気が付きませんでした。
あるものが犯人と一緒。これがヒントです。

探しながら読んでみると面白いかもしれません。

また、登場人物のほとんどが本名ではなく、ニックネームで呼ばれていることが
物語を複雑にしています。

これが犯人の最大の見せ場に繋がります。

たった一行で全てが覆る展開は、驚きと戸惑いで鳥肌が立ちました。

動機に関しては共感できなくもないというのが感想です。
後半に明かされますが、そこに結びつくのかという内容。
たぶん、わからないと思います。

最後に訪れる伏線の回収も見事だと思いました。
最初の犯人の語りを覚えておいて下さい。

高評価のミステリーというのもわかりました。

犯人がわからないまま進む展開は、読んでいて探偵気分を味わえると思います。
ミステリー好きの人はぜひ、挑戦してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました