【サッカー】体格差がある大きい相手にキープされたときの2つの対処法を紹介!!

大きい相手からボールを取るにはどうすればいいのかなぁ。

ゆうやけ
ゆうやけ
体格差がある相手にボールをもたれるとどうすればいいのか迷いますよね。
こんな悩みについて紹介していきます。

試合中には体格差がある相手とマッチアップしてしまうことがあります。

大きな相手とマッチアップすると力ずくで奪いにいっても跳ね返されたり、何もできずに自由にされてしまったりしますよね。

自分の体の小ささや細さが嫌になることも・・・。

そんなあなたに解決法を紹介していきます。

本記事の内容

  • 体格差がある相手にキープされたときの対処法
  • DFが上手いとアピールする方法

この記事を読めば体格差のある相手とマッチアップをしても落ち着いて対処することができます。
そうなれば不利な状況をあなたが受け持つことで味方の優位性をつくることも可能です。

さっそく解説していきますね。

体格差がある相手にキープされたときの2つの対処法

Embed from Getty Images

  • 手が届く範囲まで離れる
  • セオリーにもっていく

この2つを意識していくことが体格差があった場合の対処法になります。

まず体格差がある相手に対しては力ずくで勝負するのは無謀です。
相手の方が大きいので力勝負になってしまうと負けてしまいます。

なので奪うのではなく抑え込む方法を身につけましょう。
それでは解説していきますね。

体格差がある相手にキープされたときの対処法①:手が届く範囲まで離れる

体格差がある相手にキープされたらある程度の距離まで離れましょう。

その距離の目安が手が届く距離です。
それぐらいあればキープされても対処ができます。

無理にくっつくと跳ね返されてしまうのですぐに離れることが大切です。
くっつきすぎると体を上手く使われてボールを見失ってしまうことがあります。
そうすると対応が遅れるので気をつけましょう。

またゴール前で相手に背負わされている場合はとくに注意が必要です。
慌ててボールを取りにいったがために、簡単に入れ替わられて、ゴールを入れられてしまうこともあります。

なので距離を保つことが大切です。

ボールを取りたいときは、相手が何かをやりそうだなというタイミングで、ボールが見える位置に現れた瞬間にタックルを仕掛けるのが良いです。

体格差がある相手にキープされたときの対処法②:セオリーにもっていく

手が届く距離をおいたら後はセオリー通りに持っていきましょう。

もし味方がいないならシュートを打たれないように距離を取りながら守る。
味方がいたら積極的に取りに行く。その場合はボールが離れたときを狙いましょう。

セオリーについて詳しく知りたいならこちらから
【サッカー】守り方にセオリーがある?!守備戦術の優先順位とは?

【サッカー】1対1の守り方とは?【ディフェンスは間合いです】

うまいDFは体を使って守っている

Embed from Getty Images

体格差がある相手と対峙したときにうまいDFは、相手がボールを受け取った瞬間に、ファールをもらわないようにしながら体を当てます。

わざと当てることで、「後ろにいるぞ」という意識を与えつつ、すばやく離れて相手がターンをした瞬間に奪うためです。

そうした駆け引きを身につけると相手に上手いDFかもしれないという意識を植え付けることができます。

体格差があるからとそこで勝負をしない。

体格差がある相手とマッチアップしたら無理に勝負するのはやめましょう。

相手の土俵で勝負しても勝てません。

相手から離れることで自分の土俵に相手をもっていきましょう。

とにかく距離をとって相手の動きを見ることが大切です。
その後は味方と連携したり、自分で取りに行ったり選択肢が広がります。

体格差があっても足元からボールが離れれば取れるチャンスはあります。

なのでまずは距離を保つことがです。

体格差がある相手にキープされたときの対処法まとめ

体格差のある相手にキープされたときの対処法について解説をしていきました。

まずはくっつくことはやめましょう。
そのうえで手の届く範囲まで距離をとって相手に向き合うことが大切です。

無理に相手の土俵で勝負しても意味がないので、味方と協力して守っていきます。
そしてチャンスをまって一気に取りに行く。

これがセオリーです。
セオリーを意識してやってみてください。

以上、体格差がある大きい相手にキープされたときの対処法でした。

タイトルとURLをコピーしました