【サッカー】パスをもらうために意識したい5つの考え方とは?

パスが来ないなぁ

ゆうやけ
ゆうやけ

こんな人の悩みを解決していきます。

試合中に頑張って動いているのにボールが来ない?!

そんな経験はないですか?

ボールが来ないと落ち込みますよね。
最悪相手のせいにしたり・・・。

でも安心して下さい。

この記事を参考にすればパスをもらえる確率がかなり高くなります。

本記事の内容

  • パスをもらうための3つのコツ
  • パスを出した後の動き出しの2つのコツ

この内容を読むことで味方を助け、試合で活躍することができます。
パスが回ればそれだけ多くのチャンスを作ることが可能です。

その中心に自分がいたら素敵ですよね。

ではさっそくパスをもらえる方法について見ていきましょう。

ここを意識?!パスをもらうための3つのコツを紹介

・パスを出す選手との間に何もないこと
・パスを出す側の目線に入ること
・相手と距離をとること

パスをもらうためのコツが上記の3つです。
この3つを意識するとパスがもらえる確率が高くなります。

なぜならパスがもらえない原因のほとんどは立ち位置が悪いからです。
実力の問題も多少はあるかもしれませんが、多くは立ち位置に原因があります。

味方がパスを出し辛い位置にいたり、見えていなかったりするとパスが来ません。

それを防ぐために順に3つのコツについて説明していきますね。

パスをもらうためのコツ①:パスを出す選手との間に何もないこと

パスをもらうために必要なのは、パスを出してくれる味方と自分の間に障害物がないことです。

障害物とは味方や相手選手など。
この障害物が間にあるとその選手にボールが渡してしまいます。

なのであなたにパスが来ることはありません。

それを防ぐために自分と味方の間になにもない場所に移動しましょう。

これは味方と自分の位置、相手の位置を把握していくことが大切になってきます。
常に頭を振って全体を見るクセをつけておくと良いです。

ごくマレに障害物を通過するマタ抜きでパスが来ることもあります。
味方がスルーして自分にパスが来る方法です。

でもこれは阿吽の呼吸がないと難しいので、その味方からパスが貰えそうな場所に動きましょう。

パスをもらうためのコツ②:パスを出す側の目線に入ること

2つ目はパスを出す側の目線に入ることです。

味方の目線に入らなければ自分の存在に気がついてもらえないので、パスが来ることはありません。
なので目線に入るように動くことが大切です。

味方よりも前にいる場合は先程紹介した味方と自分の間に何もない状態を意識して動きましょう。
そうすることでパスがもらえます。

後ろにいる場合も同じですが、そのときは声を出してあげるのが良いです。
人の視野では後ろを見ることができません。

なので声で味方に自分の位置を知らせて上げましょう。

とにかく自分の存在をボールのもっている味方に教えることが大切です。

もし自分がパスを出す側だった場合は、周りをよく見ることです。
どの方向から相手がプレッシャーをかけて来るのか、味方はどこにいて、その選手の利き足はどっちなのかなどを考えてパスを出しましょう。
利き足を知っているとその選手の次のプレーを助けることにつながります。

それがパス成功率にも関わってくるので、知っておいて損はありません。

パスをもらうためのコツ③:相手と距離をとること

3つ目は相手と距離をとることです。

相手との距離が近すぎると、味方は「パスを出すとカットされてしまう可能性がある」と判断して、パスを出しません。

なのでパスが来ても相手の対応ができる距離にいましょう。
これは自分の感覚や技術が関わってくるので、少しずつ覚えていくのが良いです。
味方にも自分の領域を理解してもらうのが良いので日頃のコミュケーションも大切になってきます。

距離感でいうと横パスを受けるときにはボールを持っている選手の真横で受けるのはおススメしません。
その状態で相手からプレッシャーを受けると次の展開につなげるのが難しくなってしまいます。
横にスライドしただけなので状況は好転していないからです。

日本代表の試合を見ているとそういった状況を中盤で作られてしまっていることがあります。
それが失点に繋がってしまう原因の一つです。

なので、ボールを受けるときは真横ではなく、進行方向とボールが同視野に収まるようにボールよりも前で、半身になって角度をつけるともらいやすくなります。

この辺は技量によって変わってくるので、これを自分なりにアレンジしていきましょう。

3つのコツについて紹介してきました。
重要なのは場所です。

パスを出す味方と自分の間に何もないこと。味方の目線に入って、相手との距離が大切になってきます。

もしそういったことを勉強したいなら数的優位を常に作り続け、華麗なパスワークを武器に活躍したグアルディオラ時代のバルセロナの映像を観るとわかりやすいと思います。

次は自分がパスを出した後の動きについてです。
パスをもらってから自分が出した後はどうすれば良いのか?
そのことについて解説していきます。

これを知っておくだけで味方の助けになるはずです。

パスを出した後が大切?!次に繋がる2つのコツを紹介

・味方を追い越していく
・自分が確実にもらえるところに行く

パスを出した後はどうすれば良いのか迷いますよね。
走ったほうが良いのか、その場に居るべきか、離れたほうがいいのか。

そうしたプレーの判断は状況によって変わってきます。
でもそれを実行するときの指針として、セオリーがあるので安心して下さい。

このセオリーを知っておくとパスを出した後にボールを貰いやすくなります。
なので2つのセオリーについに詳しく説明していきます。

パスを出した後の動き方①:味方を追い越していく

味方が前を向いているときは、追い越して行ったほうが良いです。

前を向いているときは攻撃のチャンスが生まれやす状態となっています。
そのチャンスをつなげるために追い抜きましょう。

味方を追い越していくことで、その味方の視野に入ることが可能です。
そうすることでボールをもらえるチャンスが増えていきます。

なので数的優位を作るためにも味方が前を向いているときは追い越していくべきです。

パスを出した後の動き方②:自分が確実にもらえるところに行く

味方がプレスを受けて前を向けないときは、追い越すのではなく自分がフリーで受けられる場所に移動するのが良いです。

味方にバックパスをしてもらうことで、リズムを作り直しましょう。

自分が前を向いているので攻撃の展開がしやすくなります。
この場合は状況によってその場に留まるのか、移動してパスをもらうか判断することが大切です。
より確実にもらえる場所に移動しましょう。

また前に出るかどうかは、ボールを持っている選手の技量やキープ力にもよります。
もしどちらも備えている選手がキープしている場合はおもいきって上がるのも打開の方法の一つです。

逆に不安がある場合は積極的にサポートを優先しましょう。

パスを貰うためには適切な位置に移動しましょう

・パスを出す選手との間に何もないこと
・パスを出す側の目線に入ること
・相手と距離をとること

パスをもらうためには上記にある3つのコツが必要です。

とにかく味方がパスを出しやすい場所に動くことが大切になってきます。

自分がパスを出した後は、味方の姿勢に注目して行動しましょう。
もし前を向いているなら、自分も前に出る。
前を向けていないなら、パスを受けられる場所に移動する。

これを意識すればあなたにパスが来ます。

こうやって味方や相手の位置を把握するすることが、パスを貰う上で意識するべきことも大切です。常に考えて、行動していきましょう。

そして自分の技術を磨くことも忘れないことです。
自分がしっかりと止める、蹴る、運ぶができれば味方からの信頼も上がっていきます。

それは日々の練習から身につけることができます。
なのでしっかりと練習していきましょう。

もし練習に関してしっかりと学びたい人は実績のある経験者から学ぶべきです。
身近にいないなら以下の方法がおすすめなので参考にしてみて下さい。

【おすすめ】サッカーのトレーニング教材DVD10本を紹介!!

タイトルとURLをコピーしました