iPhoneのバッテリー交換を体験?!値段や交換場所などを紹介。

iPhoneのバッテリー消費が激しくなってきたなぁ。
変えたいけどどこですれば良いんだろう?値段はどれくらい何だろう?

こんな疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • iPhoneのバッテリー交換について
  • iPhoneのバッテリー交換の体験談

iPhoneを使い続けているとバッテリーが劣化してきます。
それが酷いと1日保たないなんてことも。

そうならないためにバッテリーの交換が必要です。

そのバッテリー交換はどこが良いのか、値段はいくらなのか、実際に体験したことを踏まえて解説していきます。

これを読めば不安になることはありません。

iPhoneのバッテリー交換をする目安

交換する前にまずは自分のiPhoneの状態をチェックしましょう。

最大容量が80%になっていたら変える時期だと思います。
この最大容量は満タンに充電しても新品の状態の80%しか残量が貯まらない状態ということを表しています。90%を切ってくるとかなり消耗が早くなっていくはずです。

Appleではバッテリーの品質基準をフル充電を500回繰り返した時に、本来の容量の最大80%を維持されるように設計されているそうです。つまり、1日1回充電することを前提とした場合、約1年半でバッテリー容量は最大80%までしか充電できなくなるということになります。

一応〇%になったら、バッテリーを交換しましょうという明確な基準はありません。
でも多くの人は80%を基準としています。

ちなみに自分が確認したときは1120回、75%でした。1日どころか朝満タンでも夕方には20%だったので、不便だったこともあり変えることにしました。

Appleストアの定員さんも同じことを言っていたので、80%は一つの目印になると思います。

感覚的なことになりますが減りが早いと思ったら、交換しましましょう。

バッテリーの確認方法は以下です。
●確認方法:「設定>バッテリー>バッテリーの状態」

もし最大容量が100%で、バッテリーの減りが早いと感じたら劣化以外に原因があるかもしれません。
例えば以下のようなことをしていると減ってしまいます。
・バックグラウンドで作動しているアプリ(ゲームなど)がある
・GPS(位置情報サービス)がONになっている
・Wi-FiやBluetooth機器などと接続している

もし100%で減りが早いなら修理を選択することになります。

まず「iOS診断」でチェックすることで自分のiPhone状態を確認しましよう。
少し手間はかかりますが、これで自分のiPhoneの状態がしっかりと把握することが可能です。
購入から1年間(Apple Care+に加入しているiPhoneなら2年間)限定ですが、Apple社のサポートページから無料で自分のiPhoneの状態を診断することができます。
iOS診断を依頼するApple公式HP

それ以外はお店に持っていきましょう。

iPhoneのバッテリー交換をする場所は?

iPhoneのバッテリー交換をする場所①:Appleの正規サービスプロバイダー・・・正規で対応していきたいならここ!!
iPhoneのバッテリー交換をする場所②:一部キャリアショップ・・・各種携帯会社でも対応している場合があります。
iPhoneのバッテリー交換をする場所③:非正規店・・・街にあるスマホの修理屋さんです。

iPhoneのバッテリー交換をする場所は主に3つです。
でもほとんどが正規か非正規の店舗かの違いになると思います。

Appleが提供する「Apple Care+」や各キャリアが展開している「あんしん保証パック」などの保証プランがある場合はそれを利用するのが一番です。

iPhoneのバッテリー交換をする場所①:Appleの正規サービスプロバイダー

正規で頼む場合は2種類の方法があります。
・配送
・お店に持ち込む

近くにAppleの正規点があるかどうかで変わってくると思います。

配送する場合

配送する場合は予約で待たされることはありません。もちろんお店に行かなくて良いのがポイントです。
配送を手配すれば、Apple指定の配送業者が来るのでiPhoneを渡すだけ。
5〜7 日(営業日)で完了します。
配送を頼むならここ

店舗に持参する場合

近くのApple StoreかApple正規サービスプロバイダーに予約して当日持ち込みます。

ほとんどはその場で修理してくれます。時間の混み具合にもよりますが1時間くらいで終わると思います。
でも、修理内容によっては5〜7日 (営業日) ほどかかるそうです。

予約しなくても大丈夫ですがどれくらい待つかはお店の混み具合に左右されるので、確実に直したいなら予約をしましょう。

iPhoneのバッテリー交換をする場所②:一部キャリアショップ

ごく一部のキャリアショップでも交換をすることができます。

ただし無償ではなく有償になるケースがほとんどです。
Appleが提供しているメーカー1年保証適用内の場合は、バッテリー交換は無料になります。
ほとんどが経年劣化だと思うので、お金がかかるのと思って下さい。

iPhoneのバッテリー交換をする場所③:非正規店

正規プロバイダー以外にもスマホの修理やバッテリー交換をしてくれるお店はたくさんあります。

非正規は即日修理や値段が安い、営業時間が長かったりと比較的融通が聞くというのがポイントです。

正規品よりも格安でできるケースがあるので、正規じゃなくて良いやという人はそちらでも良いと思います。

自分は一度非正規の値段の安さに見積もりを依頼しました。でも、小さなお店だったこともあって修理完了時間が2時間以上かかったことや無料登録をする変わりのキャンペーン価格で安いことを知り、5~6の会員登録をするのがめんどくさかったので、正規でやることに決めました。
値段もキャンペーンでかなり安かったのですが、追加オプションをつけていったら正規とどっこいどっこいだったのも決めてです。

iPhoneのバッテリー交換の値段は?

自分の使っているiPhoneが、Apple製品限定保証やAppleCare+の保証対象である場合は、無償で交換ができます。

なのでまずは加入しているか調べて下さい。
自分のiPhoneのシリアルナンバーを入力すれば調べることができます。
シリアルナンバーを調べるのはここから

画面にひび割れがあった場合はバッテリー交換に支障をきたすことがあるので、先にそっちを修理するそうです。なので、画面が割れていた場合はかなりの値段がかかってしまうかもしれません。

Appleの公式の料金は以下です。
※Appleと契約しているお店だと若干料金が変わってしまう場合があります。

 
バッテリー交換機種

Apple製品限定保証または AppleCare+の保証対象

保証対象外

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12、iPhone 12 mini

0

7,400円(税別)

iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、その他すべての対象モデル

0

5,400円(税別)

各携帯電話会社の価格は以下です。
docomoだけ若干高い値段設定になっています。

 
バッテリー交換機種docomoau/ソフトバンク
iPhone X/iPhone Xs/iPhone Xs Max/iPhone XR/iPhone11/iPhone11Pro9.400円7,800円
iPhoneSE(第二世代)iPhone 6 Plus/iPhone 7iPhone 7 PlusiPhone 8/ iPhone 8 Plus~iPhone 5まで6,500円5,400円

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの(持参の場合)

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの①:バックアップ・・・データが消えても問題ない対応をするためです。
iPhoneのバッテリー交換に必要なもの②:Apple IDとパスワード・・・iPhoneを探すをオフにするために使います。
i
Phoneのバッテリー交換に必要なもの③:本人確認書類・・・これがないと交換はできません。
iPhoneのバッテリー交換に必要なもの④:最新のiOSにアップデートをしておく・・・最新のにしておくと作業がスムーズになります。

バッテリー交換に必要なものは上記の4つです。
バックアップは中身を開けるのでもしものときのために絶対にしておいて下さい。
最新のiOSだと読み込みや自分のスマホの状況がよりわかりやすくなります。

Apple IDとパスワード、本人確認書類は本人かの確認のために使います。

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの①:バックアップ

バッテリーは本体の中にあるので、もし何かの手違いで記憶している部品に影響が出てしまったらデータが消えてしまいます。それを防ぐためにバックアップはしましょう。

当日もバックアップしたかは聞かれます。

バックアップの方法は以下でできます。
⚫️設定→ユーザー名→iCloud→iCloudバックアップ

これでiCloudバックアップをオンにすればバックアップされます。
Wi-Fiに接続した状態で行って下さい。
ただし5ギガまでしか保存できないので、しておきたいものだけでも良いかもしれません。

もう一つはパソコンにバックアップする方法です。
そっちはパソコンの容量もあると思いますが、かなりの量を保存できるので、こっちをオススメします。

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの②:Apple IDとパスワード

iPhoneの機能の一つ、iPhoneを探すをオフにしないとバッテリー交換はできません。その時に必要なのがApple IDとパスワードです。

パスワードはアプリを入れるときに使っているものになります。それを当日入れることになるので忘れないようにしましょう。もし忘れそうならメモをオススメします。

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの③:本人確認書類

当日は本人確認をされるので証明できるものを用意しましょう。

未成年が親名義のiPhoneを修理依頼する場合は、保険証など本人確認書類や、親御さんからの委任状なども必要になります。

またiPhone購入時のレシートがあれば、受付がスムーズに進みます。

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの④:最新のiOSにアップデート

バッテリー交換の前にiPhoneの状態を診断します。

そのときに時間短縮やちゃんと診断ができるように最新のiOSにしておくことをオススメします。

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの(配送の場合)

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの①:Apple Watchとのペアリングを解除・・・SuicaやIC系のペアリングなどを解除しましょう。
iPhoneのバッテリー交換に必要なもの②:iPhoneをバックアップする・・・バックアップは必須です。
iPhoneのバッテリー交換に必要なもの③:iMessageをオフにする・・・メッセージがこないようにオフにします。
iPhoneのバッテリー交換に必要なもの④:iPhoneを初期化する・・・初期化してまっさらな状態にします。

配送を選択する場合は、自分で設定のオフや初期化をしなければなりません。
持ち込みよりも少し不便なところがあります。

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの①:Apple Watchとのペアリングを解除

Apple Watchに交通系ICカード登録している場合は、必ず削除しておきましょう。

その後、iPhoneでApple Watchアプリを開き、ペアリングを解除したいApple Watchをタップし、Apple Watchとのペアリングを解除をタップして解除します。

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの②:iPhoneをバックアップする

やり方は持ち込みと同じです。

iCloudかパソコンにバックアップをとります。

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの③:iMessageをオフにする

[設定]→[メッセージ]から「iMessage」をオフにします。

これでメッセージをこないようにします。

iPhoneのバッテリー交換に必要なもの④:iPhoneを初期化する

配送をする場合は初期化を自分でしなければなりません。

[設定]→[一般]→[リセット]→[全てのコンテンツと設定を消去]をタップし、指示に従って初期化します。

その後、アクティベーションロックをオフにすることを忘れないでください。
アクティベーションロックとは、iPhoneをなくしたときに、勝手に使われないようにする仕組みのことです。これが実行されていると端末にロックがかかり、修理ができなくなってしまいます。

あとは画面保護フィルムやケース、ケーブルなどの他、SIMカードを取り外して完了です。

iPhoneのバッテリー交換を実際に体験

実際にiPhoneのバッテリー交換をした体験談をお話します。

私はiPhone8を使っていました。最大容量は75%です。
朝フル充電でも夕方には20%を切ることもしばしば。
満足して使うことができない状態だったので変えることを決断しました。

私はなるべく早くバッテリー交換をしたいと思っていたので、店舗への持ち込みを選択。
場所は渋谷にあるAppleStore。
AppleのHPから予約をしました。

平日の午前中は比較的空いていたのでそこを選択。
当日までにやっておくべきバックアップや最新のiOSにアップデートを全て終わらせました。

当日、お店に向かうとコロナの影響で人数制限がかかっていました。
予約している人とそうでない人とで列が分かれている感じです。

予約の列に並んでいると係の人が来て、予約の照会して、店内へ。
消毒と検温があります。

店内は混み合っていたので、5分くらい待ってから対応してもらいました。
そのときにiPhoneの状態確認をしてもらい、iPhone探すをオフにするためにApple IDとパスワードを入れて、引き渡しました。

待ち時間は1時間くらい。でも、「バッテリーを交換後は0%なので動かすために充電が必要だからその時間も考慮して来て下さい」と言われました。なので、私は待ち時間プラスで20分くらい待ってから行きました。

待ち時間はスマホが使えないので、時間を潰すものや時計があると良いです。意外に時計ってないので時間がわからなくなるのを防ぐためにも持っておきましょう。

その後はスマホを受け取って、支払いをして完了です。
支払いは現金とカードが使えます。
代金は消費税込で5,940円でした。
領収書はメールで送られて来ます。

1番大事な中のデータはちゃんと残っていました。
ネットでは完全消去と書いてあったので覚悟はしていましたが、そのまま使える状態だったのはありがたかったです。

交換後保証が3ヶ月使えると言われました。そこまでケアされると安心して使えますよね。

iPhoneのバッテリー交換で1番安心なのは持ち込み

iPhoneのバッテリー交換について話してきました。

迷っているならiPhoneをStoreに直接持っていくのが良いです。
その場でやってくれて、問題がなければ1時間くらいで使える状態になります。

データも消えていませんでした。

それにわからないことは直接聞けるのがありがたいです。

もしない場合は非正規のお店や配送を選びましょう。
非正規でもちゃんとしているところが多いので大丈夫だと思います。
後は値段や時間などを吟味して1番良い選択を選ぶだけです。

iPhoneは生活において重要なツールです。
そのツールの性能が悪いと生活にも影響が出るので、自分のiPhoneを確認してすぐに対応しましょう。

以上、iPhoneのバッテリー交換でした。

タイトルとURLをコピーしました