【笑える映画】任侠学園を見て。あらすじやネタバレありの感想

笑える映画、任侠学園を紹介します。

原作は今野敏さんの小説です。
監督木村ひさし、主演西島秀俊、西田敏行。

主演も豪華ですが、脇を固める俳優も豪華です。

ヤクザ×王道学園ものです。
笑いあり、アクションあり、シリアスありの
詰め合わせ映画。

目次

任侠学園について紹介

あらすじ

困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。
組長(西田敏行)は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村(西島秀俊)は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。

任侠学園 公式サイト

任侠学園の見どころ

・豪華な俳優陣

主演の西島秀俊、西田敏行以外も伊藤淳史、葵わかな、生瀬勝久など
人気の俳優が脇を固めます。

・笑い

任侠映画のようなシリアスな場面は少なく、適度に笑いが入ります。
クスッとした笑いがあるので、最後まで飽きずに観ることができます。

任侠学園を観た感想

ヤクザが学校を立て直す。

この映画はそこがメインです。その物語の中で、程よい笑いが入っています。

内容的にはよくあるお話だと思います。だから、安心して観れます。
問題がある高校を変えようとする、最後には学校も生徒も変わる。

なので、私は好きな映画でした。
人に勧められると思っています。

敵のような人がお偉いさんで、裏でヤクザと繋がっているという内容も
よくある設定だなと思いました。

よくある設定ということは、王道ということ。

なので、王道のお話が好きな人は観ていて楽しいと思います。

個人的にはラストの西田敏行さんのシリアスな場面は凄かったです。
アウトレイジに出ているので、覇気を纏っているようでした。

老若男女楽しめる映画。
笑えて、楽しい、アクションもある。
まさに詰め合わせのような映画です。

エンドロールにはNG集もあるので、最後まで楽しめます。
そして、エンドロール後は続編を期待させる1シーンも…。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして、ゆうやけと申します。
このブログでは好きなことや興味のあることを書いていこうと思っています。
主に本、サッカー、映画、ブログ、経験したことなどです。
ドメインのlibraryの単語を間違えてしまうほどおっちょこちょいですが、
大目に見ていただきたいと思っております。
宜しくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる