サッカーで知っておくべき用語ウ、エを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカー用語についてあなたはどれくらい知っていますか?

いつの間にか新しいワードができていて、これって何だろうと思うことはないですか?

サッカーのことをもっと知りたい人向けに、サッカー用語を辞書のようにして紹介していきたいと思います。

これを読めばサッカー用語がわかるので、解説の人が言っていることもわかります。
サッカーが今以上に楽しめるので好きになるはずです。

それでは早速、今回のウ、エの解説をしていきますね。

サッカーで知っておくべき用語ウ

・ウイング
・受け渡し
・ウルトラス

この用語について解説をしていきます。

サッカー用語ウ:ウイング

ウイングもしくはウインガーと呼ばれるフォワードのポジションの一つです。多くは攻撃的な選手が3人並ぶスリートップの左右サイドを担当します。WGと省略して書かれたりもします。

主にウイングの役割は、ドリブルでサイドを突破することです。突破して中にいる味方にパスをしたり、自らシュートを放ったりします。しかし、この役割は、近年大きく変わっています。今まではドリブルが上手く早い選手が担当していましたが、パスを出せたり、守備ができたりと高いテクニックと献身性が求められる傾向にあります。また、ウイング以外にも少し下がった位置から始める、ウイングハーフやウイングバックというポジションも生まれました。

サッカー用語ウ:受け渡し

自分がマークしたいた選手を他の味方に任せることです。自分の担当エリアを決めて守るゾーンディフェンスの時に重要となります。

サッカー用語ウ:ウルトラス

熱狂的サポーターのことを表します。しばしば過激な応援が問題として取り上げられることがあります。

サッカーで知っておくべき用語エ

・エースストライカー
・エスコートキッズ
・エラシコ

この用語について解説をしていきます。

サッカー用語エ:エースストライカー

得点を量産し、チームを勝利へと導く点取り屋のことを呼びます。エースナンバーとして9番をつけることが多いです。
なので、厳しくマークされたり、複数の選手に囲まれたりすることが多くなります。

近年では守備戦術が進化してきたり、ゲームスピードが速くなってきたりしているので、以前ほどエースストライカーに依存する戦い方ができなくなっています。そのためシュートを決める以外にも、守備の参加や囮になるプレーなど、役割も増えているのが現状です。しかし、依存する傾向は弱いとはいえ優れた得点能力を持つFWの選手が重宝されるということに変わりはありません。

一昔前だと元ブラジル代表のロナウド選手やロマーリオ選手、元オランダ代表のファン・ニステルローイ選手。今だとバイエルンのレヴァンドフスキ選手がこのタイプになります。

サッカー用語エ:エスコートキッズ

試合の前に選手と共に入場する子供のことを言います。エスコートチルドレン、フェアプレーチルドレンと呼ばれることもあります。

サッカー用語エ:エラシコ

フェイントの一種です。ポルトガル語で「輪ゴム」という意味になります。左右どちらかの足のアウトサイドで軽くボールを押し出し、その方向にドリブルすると見せかけて、すぐにインサイドで切り替えして、逆をつく抜き方です。この動作をスムーズに行う必要があるため、テクニックに長けている人ほど綺麗に成功します。

稀代のファンタジスタ、ロナウジーニョ選手が得意としていました。

このエラシコの開発者は、日本代表の解説や評論でおなじみのセルジオ越後さんだと言われています。現役時代に同僚だったロベルト・リベリーノさんに開発段階のエラシコを伝授し、完成させたというエピソードが残っているみたいです。

サッカーで知っておくべき用語ウ、エのまとめ

サッカー用語のウ、エについて解説をしてきました。

良く使われる言葉からマニアックな言葉まで色々あったと思います。
これを知っていると一目置かれるかも知れません。

他の単語が気になる方は以下からどうぞ。
サッカー用語 。サッカー大好きな人や初心者必見の用語集。

サッカーで知っておくべき用語イを紹介!初心者必読の用語集。

タイトルとURLをコピーしました