サッカー用語 サ行。サッカー大好きな人や初心者必見の用語集。

サッカー用語 サ

サイドアタッカー・・・サイドを担当する攻撃的選手のことを言います。ドリブルが得意な選手が多いポジションです。

 

サイドチェンジ・・・ボールがあるサイドから逆サイドにボールを送ること。逆サイドの選手はあまり密集しておらず、マークもゆるいことが多いので得点の可能性が高くなります。

 

サイドバック・・・サッカーのポジションの一つ。ディフェンスのサイドを担当します。サイドからの攻撃を防いだり、攻撃のときはクロスを上げたりと攻守で重要な仕事をするポジションです。現在サッカーでは、一番重要なポジションと言われてもおかしくはないと思います。SBと表記されることが多いです。

 

サイドミッドフィルダー・・・SBよりも攻撃的なポジションを言います。クロスを上げたり、中に切り込んでシュートを狙ったりと攻撃的な仕事が多いポジションです。

 

サスペンション・・・大会中にイエローカードをもらった場合、規定枚数を超えてしまうことがあります。そう言ったときに最後にイエローカードをもらった試合の次は出場停止になります。

 

サブメンバー・・・控えの選手のこと。サッカーは11人のほかに交代できる選手をベンチにおきます。その選手のことをサブメンバーもしくはベンチと言います。

 

サポーター・・・ファンのこと。応援している人をさしますが、その中でも特に熱いサポーターは「ウルトラ」と呼ばれることもあります。

 

サッカー用語 シ

シザーズ・・・ドリブルのときにするフェイントの一つ。ボールを内側から外側にまたぐ技。素早くしたり、何回もしたりするとDFを惑わすことができます。クリスティアーノ・ロナウド選手が得意です。

 

システム・・・チームの戦術などで決められた配置のこと。似た用語にはフォーメーションと言うのがある。こっちは相手に合わせたり、その時々で変わる人数配置のことを言います。

 

死の組・・・グループステージにおいて3カ国以上の強豪国が一緒の組になること。

 

絞る・・・サイドに開いている選手が意識的に中央へ寄ることを言います。反対にサイドに居続けることは「張る」と言います。

 

ジャイアント・キリング・・・格下のチームが格上のチームに勝つことです。大人気マンガのタイトルにもなっていますね。

 

シャドーストライカー・・・セカンドトップの別名称のことです。1.5列目とも言います。CFよりも下がり目のポジションをとり、自ら決める仕事もありますが、中盤とのリンクマンもはたします。

 

シャペウ・・・帽子を被せるという意味です。正面から来たDFの頭越しにボールを浮かせて抜く技になります。

 

シュートレンジ・・・シュートを打ってゴールできる可能性が高いエリアのこと。

 

守護神・・・ゴールを守る鉄壁のGKのことを言います。主にGKのレギュラーです。

 

ショートカウンター・・・高い位置でボールを奪って、素早く攻撃に移る戦術です。ゴールまでの距離が近いほど得点率もあがります。

 

ショートコーナー・・・コーナーキックの際にゴールに向かって蹴るのではなく、近くにいる味方にパスをする蹴り方。ワンクッション置くことで、相手のマークをずらし得点が奪える可能性もある。また、時間稼ぎの時も効果を発揮します。

 

ショートパス・・・短いパスのこと。ポゼッションサッカーとは、このパスをたくさんする戦術になります。

 

 

ショルダーチャージ・・・ディフェンス時に、ボールをもっている選手の肩に自分の肩をぶつけて、バランスを崩させる行為です。それをすることでボールを奪ったり、攻撃を妨害したりします。しかし、ボールをもたない選手にやると反則となります。

 

司令塔・・・ゲームをコントロールするタイプの選手のこと。長短のパスやドリブルで多くのチャンスを演出するのが役目です。プレイメーカー、ゲームメーカーとも言われています。

 

サッカー用語 ス

スイッチ・・・攻撃のスピードを上げること。

 

スーパーサブ・・・流れを変えられる選手のこと。先発で使われることはあまりなくても、チームに欠かせないキープレイヤーのことを言います。

 

スウィーパー・・・CBの役割の一つ。特定の選手をマークせず、ストッパーが抜かれた時や2列目の選手が飛び出してきた時などカバーリングを担当するポジションです。この役割を入れる場合は、相手のFWよりも人数が多くなるようにフォーメーションやシステムを作らないといけません。以前はカバーをすることが目的だったので、ストッパーの後方にいることが多かったですが、現在はラインコントロールが重要なので横並びになるケースが多くなっています。

 

スクデット・・・セリエAのリーグ優勝のことをスクデットを取ると言うことがあります。

 

スコーピオンキック・・・足を後ろに大きく上げて頭の上のボールを蹴るシュートのこと。蹴り上げた足がさそりのように見えることからそうつけられてのだと思います。

 

スターティングメンバー・・・最初に戦う11人のメンバーのこと。スタメンとも言いますね。

 

ストッパー・・・相手FWの選手を1対1でマークする役割のことです。ドリブルで抜かれない、空中戦が強いなど高い対人戦能力が求められます。

 

ストライカー・・・点をとるFWのこと。活躍して中心的になるとエースストライカーとも呼びます。

 

スペース・・・空いている場所のこと。

 

スルーパス・・・スペースに出すパスのこと。DFの間や裏のスペースに抜ける選手に合わせることが多いです。相手のディフェンスラインを突破するための手段として使われ、ゴール前のスペースに入れることができたらチャンスになります。このパスは出してと受けての意思疎通が重要になります。

 

スローイン・・・ボールがタッチラインを超えてしまった場合におこなうプレー。ボールを両手でもち頭の上からコートに入れます。投げ終わるまで両足を地面から離さずに投げなくてはなりません。

 

サッカー用語 セ

セーブ・・・相手のシュートを止めること。

 

セカンドトップ・・・FWのポジションの一つ。CFよりも低い位置でプレーします。動き回って相手DFを混乱させるなど、サポート的なことに仕事になります。1.5列目もしくはシャドーストライカーとも呼ばれているFWです。

 

セットプレー・・・止まった試合を再開するプレーのこと。主にコーナーキックやフリーキックなどを指します。セットプレーであるコーナーキックや相手ゴール付近のフリーキックは得点に繋がりやすいプレーになります。

 

センターサークル・・・フィールドの中央にある円のこと。キックオフの際はこの円の中心からプレーが始まる。その際はボール側ではないチームは、相手がボールを蹴るまでは円の中と中央の線より相手側には入れない。

 

センターハーフ・・・中央のミッドフィルダーの古い名称。日本ではセントラルミッドフィルダーのことを呼ぶ場合もあります。また、イギリスではセンターバックのことを指します。

 

センターバック・・・ディフェンダーのポジションの一つ。ディフェンスの中央を守るポジションになります。主な仕事は、相手FWをマークしてゴールを守ることです。近年では足元が上手く、遠くに正確に蹴れる技術も求められています。このポジションにはストッパーやスウィーパー、リベロなど役割によって呼ばれる名前も違います。

 

ンターフォワード・・・FWのポジションの一つ。中央の攻撃的な位置でプレーする選手のことです。どのチームも最低でも1人は置くポジションになっています。ゴールに近いので得点の多くはこのポジションの選手が奪っているます。CFと表記されています。

 

センターリング・・・フィールドの左右から中央にボールを送るプレーのこと。クロスやクロスボールとも言います。ゴール前に送ることで得点を狙います。

 

セントラルミッドフィルダー・・・ミッドフィルダーのポジションの一つ。中央に配置されます。イングランドで多く見られるポジションです。攻撃と守備を広範囲でおこなうので総合的な能力と運動力が必要とされます。CMFと表記されます。

 

サッカー用語 ソ

ゾーン・・・特定のマークを決めないで、決められた場所を守るやり方。ディフェンス戦術の一つです。ゾーンディフェンスとも言います。逆に人に付くディフェンスをマンツーマンと呼びます。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました