サッカーで知っておくべき用語オを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカー用語についてあなたはどれくらい知っていますか?

いつの間にか新しいワードができていて、これって何だろうと思うことはないですか?
サッカーのことをもっと知りたい人向けに、サッカー用語を辞書のようにして紹介していきたいと思います。

これを読めばサッカー用語がわかるので、解説の人が言っていることもわかります。
サッカーが今以上に楽しめるので好きになるはずです。

それでは早速、今回のオの解説をしていきますね。

サッカーで知っておくべき用語オ

・オーバーヘッドキック
・オーバーラップ
・オープン・スペース
・オウンゴール
・落ちる
・オフサイド
・オフ・ザ・ボール

この用語について解説をしていきます。

サッカー用語オ:オーバーヘッドキック

頭より高い位置のボールをキックするプレーです。これが決まるとかなり盛り上がります。

サッカー用語オ:オーバーラップ

ボールを保持しているプレーヤーを、後ろの選手が追い越していくプレーです。特に左右のサイドを担当するMFやDFがおこなう連携プレーになります。目的としてはボールを前に運ぶためです。

オーバーラップは個人の能力も必要ですが、プレーヤー同士の連携も重要になるプレーです。もしDFがオーバーラップしてしまうと、スペースができてしまうので、連携してスペースを埋めなければなりません。

サッカー用語オ:オープン・スペース

相手選手があまりいないスペースのことです。このスペースを狙うことで多くのチャンスを作ることができます。

サッカー用語オ:オウンゴール

自分たちが守っているゴールに誤ってボールを入れてしまうことです。昔は自殺点とも言われていました。

サッカー用語オ:落ちる

前線の選手がパスをもらうために自分の位置よりも低いところに移動することを言います。試合の解説では下がるということのほうが多いかもしれません。少し前になりますが、メッシ選手やトッティ選手などがセンターフォワード(攻撃の真ん中のポジション)をやる、0トップと呼ばれるフォーメーションが使われていたときに、良く用いられていました。

サッカー用語オ:オフサイド

パスを出した瞬間にパスを受ける選手がオフサイドポジションにいて利益を得たときに取られる反則です。オフサイドポジションは「ゴールから数えて2番目にゴールに近い相手選手よりもゴール側」にいることです。

オフサイドポジションに居ること自体は反則ではなく、具体的に反則とされるのは、相手陣地にいて、なおかつボールよりも前にいることです。それに加えて、相手のゴールから2人目の選手よりも、相手ゴールに近い位置にいたときになります。(通常はゴールキーパーが最後尾なので、前にフィールドプレーヤーが1人いることが目安になるかと思います。)

その位置でボールに触れるかプレーした瞬間に利益になるプレーをすると反則になります。
利益になるプレーとはゴールを決めたり、ボールを貰うことで次のプレーに移行できるときなどです。

オフサイドが適用されると、そこから間接キックでプレーが再開します。
主審から見えにくいことが多いため、副審がフラッグを上げて適用することが多い。

サッカー用語オ:オフ・ザ・ボール

ボールのないところで仕掛ける動きです。サッカーではボールをもっていないときのほうが長いので、いかにボールをもらえるかが重要になります。そのために上手くボールをもらえる位置を作らなければなりません。その動きがオフ・ザ・ボールです。

とはいえ、いくらこの動きが優れていても、ボールをもらったときに良いプレーができないと評価されません。正確なボールコントロールやパス、シュートなど、ボールをもっているときのプレーが最も大切です。なので、オフ・ザ・ボールが上手くても中々評価されない場合が多いのが現状だと思います。

この動きが得意なのが元日本代表の岡崎選手ですね。常に動き回ってチャンスを作るのが上手い選手です。

サッカーで知っておくべき用語オのまとめ

サッカー用語のいについて解説をしてきました。

良く使われる言葉からマニアックな言葉まで色々あったと思います。
これを知っていると一目置かれるかも知れません。

他のサッカー用語を知りたい方は以下からどうぞ
サッカーで知っておくべき用語アを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカーで知っておくべき用語イを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカーで知っておくべき用語ウ、エを紹介 !初心者必読の用語集。

タイトルとURLをコピーしました