サッカー用語 ナ行 ハ行。サッカー大好きな人や初心者必見の用語集。

サッカー用語 ナ

ナショナルカラー・・・その国を体現している色のこと。

 

ナショナルチーム・・・国の代表チームのこと。

 

サッカー用語 ニ

ニア・・・ボールに近いほうのサイド。反対語はファーサイド

 

サッカー用語 ハ

ハーフタイム・・・前半と後半の間に行われる休憩のこと。

 

ハーフライン・・・真ん中の線のこと。

 

バイタルエリア・・・ゴールになりやすいエリアのこと。主にペナルティーエリアの幅内で、相手のDFと守備的MFの間のスペースを言います。

 

パス・・・味方にボールを渡すこと。

 

パス&ゴー・・・パスを味方に出したと同時に走り出すこと。

 

バックパス・・・前にパスを出すのではなく、後ろにパスを出すこと。前にパスを出せる味方がいない時に、一回後ろに下げることで、パスコースを作りやすくします。しかし、GKやDFへのパスは相手に取られやすく、失点に繋がるケースもあります。

 

ハットトリック・・・同じ選手が3点取ること。

 

パワープレー・・・背が高い人に向かってボールを蹴るやり方。終盤にどうしても点がほしい時に行われることが多いです。主に背の高いFWがやったり、DFが相手ゴール前に行くことで行われます。

 

パンチング・・・GKがボールをパンチで弾くこと。

 

バンディエラ・・・一つのチームに何年も在籍し続けた選手のこと。今はこのバンディエラと呼ばれる選手はほとんどいません。一昔前は、ミランのマルディーニやインテルのサネッティ、マンチェスターUのギグスやスコールズなど多くの選手がいました。

 

パントキック・・・ゴールキーパーが手に持っているボールを地面につけないで蹴ること。

 

サッカー用語 ヒ

ヒールキック・・・足のかかとでボールを蹴ること。

 

ヒールリフト・・・両足でボールを縦に挟み、そのまま軸足のかかとを上げることで、ボールを頭の上を越すようにして相手を抜く技。

 

ピッチ・・・サッカーをするフィールドのこと。

 

ビルドアップ・・・最後尾からパスを繋ぎながら攻撃を組み立てるプレー。ボランチが最終ラインに下がったり、SBが起点になったりと色々なパターンがある。

 

ピーケー・・・ペナルティーキックの略。PKと表記されます。ペナルティーエリア内で反則をすると行われるプレー。ペナルティーマークにボールを置き、GKと1対1で戦います。キッカーが有利なのでこれを狙うようにわざと倒れることをする選手もいます。その場合はイエローカードが提示されることが多いです。

 

サッカー用語 フ

ファウル・・・様々な反則のことを言います。この度合いによってはイエローカードやレッドカードが提示される。

 

ファーサイド・・・ボールから遠いサイドのこと。逆をニアサイドとも言います。

 

ファーストタッチ・・・最初のトラップこと。このタッチが上手ければそれだけで相手を抜くこともできます。

 

ファンタジスタ・・・主にイタリアで使われる言葉です。FWのような攻撃的な選手でなおかつ人を惹きつけるプレーをする選手のことを言います。

 

フィード・・・前線にパスを出すこと。現在のサッカーではDFに求められる能力の一つです。バルセロナのピケ選手やバイエルンのフンメルス選手が得意としています。

 

フィジカル・・・体のが強いこと。体同士が当たってもびくともしない選手のことをフィジカルが強いと言います。

 

フェイント・・・相手を抜くためにする様々な足技のこと。

 

フォアチェック・・・前線からプレスをかけて相手ゴールに近い位置でボールを奪う戦術です。反対派語はリトリートと言います。

 

フリー・・・マークがついていない状態の選手のこと。

 

フリーキック・・・相手からファウルを受けたときに、地面にボールを静止して再開するプレー。これが上手いと得点のチャンスも増えます。ジュビロ磐田で元日本代表の中村俊輔選手が得意としています。

 

プレーオン・・・試合続行を意味する言葉。ファウルのようなことを受けても、ゲームを止めることが不利益となる場合は、ゲームを止めることはせず、そのまま続けます。

反則に近いプレイを流すときに主審が両手を広げるジェスチャーをします。

 

プレースキック・・・試合が停止した状態の時に、地面におかれたボールを蹴ることでプレーを再開することをいいます。

 

プレス・・・高い位置でボールを奪いに行くこと。DFからFWまでをコンパクトにすることがポイントになります。陣形が整っていない状態で行われるプレスをゲーゲンプレスとも言います。

 

サッカー用語 ヘ

ヘディング・・・頭でボールをコントロールすること。コーナーキックやフリーキックの多くはヘディングでゴールが決まります。

 

ペナルティーキック・・・PKのこと。ペナルティーエリア内で反則されたときに行われるプレー。GKと1対1で戦います。

 

ペナルティーエリア・・・ゴールから伸びる四角い線のこと。この中で反則してしまうとPKを取られてしまう。また、GKはこの中でしか手を使えない。

 

サッカー用語 ホ

放り込み・・・ビルドアップ時にパスを繋がずに、中盤を飛ばして前線にボールを蹴ること。

 

ポジション・・・選手が担当する位置のこと。この位置によって呼ばれる名前が違います。

 

ポスト・・・ゴールポストの略。

 

ポストプレー・・・前線にいるFWにボールを入れること。そこを起点として攻撃を組み立てる戦術を言います。

 

ポゼッション・・・ボールを支配する戦術のこと。パスを出し続けて、ボールを常にもってプレーをします。ボールを取られない限りは負けないという考えの元、このプレーをチーム戦術にしているのが、FCバルセロナです。また、このバルセロナ出身のグアルディオラ監督は、ポゼッションを軸に様々な戦術をとり入れることで、色々なチームを優勝に導いています。

 

ボックストゥボックス・・・ボックスはペナルティエリアのことを言い、相手と味方のペナルティーエリアを行き来するようなMFのことを言います。攻撃と守備どちらもに貢献する技術と運動力が必要なポジションです。

 

ホペイロ・・・裏方のスタッフのことを言います。チームによって仕事内容は異なります。選手のスパイクやユニフォーム、練習道具の管理やロッカールームの準備など多義に渡る仕事です。

 

ボランチ・・・ポルトガル語で舵取りという意味。中盤のそこでプレーする選手のことを言います。チームによって役割が違う選手がおかれるため、幅広い用語として使われています。

因みにこのボランチはポルトガル語の意味で広がっているが、元は選手の名前からきています。1940年代のブラジルで活躍したカルロス・マルティン・ボランチ選手です。彼の担当したポジションが今のボランチと呼ばれるポジションになります。ボランチのように~と言っているうちに、ポジション名へと変わって言ったようです。

タイトルとURLをコピーしました