サッカー用語 マ行。サッカー大好きな人や初心者必見の用語集。

サッカー用語 マ

マーク・・・相手選手を自由にさせないようにぴったりつくこと。

 

マイナス方向・・・自分が立っている位置よりも後ろの方向を言います。

 

マリーシア・・・ずる賢いという意味するブラジル発祥の言葉。サッカーにおいてあらゆる駆け引きを示す言葉です。日本では審判にバレないようにわざと転んで、FKやPKをもらうことや時間稼ぎをすることなど、悪い意味で使われることが多いです。

 

マルセイユルーレット・・・ボールを足裏で引き寄せながら半回転し、背中を相手に見せることでブロックしながら、逆足でボールを持って残りの半回転で相手を抜く足技です。ボールを持ちながら一回して相手を抜くフェイントになります。ジネディーヌ・ジダンが幼少の頃、マルセイユ市内でこのフェイントを多用していた事からこう呼ばれるようになったらしいです。略してルーレットと言うこともあります。

 

マンツーマン・・・1対1のことを言います。

 

マンツーマンディフェンス・・・守備戦術の一つ。守備の時にマークする相手を決めて、相手の動きに合わせてついて行くこと。現在サッカーはこの戦術の逆でもあるゾーンディフェンス主流になっています。セットプレーやペナルティーエリア内に入ってきた時など、限定的な時にマンツーマンディフェンスをするチームもあります。

 

サッカー用語 ミ

ミドルシュート・・・やや離れたところから打つシュートのこと。ペナルティーエリアの外からシュートを打つことを指している場合が多いです。

 

ミドルレンジ・・・ハーフウェアラインから相手陣地のペナルティエリアまでのエリアを言います。ペナルティエリアに近いところだけを言うこともあります。

 

ミッドフィルダー・・・中盤の選手のことを言います。役割や場所によって呼ばれる名前が変わります。MFと表記されるポジションです。

 

サッカー用語 ム

無回転シュート・・・蹴ったボールが回転しないでゴールに向かうこと。これを蹴れるとチャンスが増えます。無回転で飛ぶボールは、どんな変化をするかわからないので、GKは止めるのが難しいシュートになります。また、このボールはキャッチするも難しいので、弾いてゴールを守ることになります。なので、弾いたボールがゴールに結びつく場合も多いです。

ある程度離れているほうが変化をつけられるので、ミドルシュートやFKなどで使用されることが多いシュートになります。日本代表の本田選手が得意としていました。

 

無観客試合・・・何かの事情で観客を入れないで試合をすること。多くはサポーターが何かをしてしまったり、国の事情が考慮される場合が多いです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました