サッカー用語 キ、ク。サッカー大好きな人や初心者必見の用語集。

サッカー用語 キ

キープ・・・ボールを取られないように保持することです。元バルセロナのシャビ選手が得意としていました。

 

キッカー・・・ボールを蹴る人のこと。コーナーキックやフリーキックなどを担当する選手のことを言います。

 

キック&ラッシュ・・・解説用語の一つ。ロングボールやクロスを中心とした戦い方です。ロングボールは、速い選手や長身の選手がいる時に有効な戦術になります。DFと競い合って戦うスタイルが、原始的といわれてしまうこともあります。イギリスのプレミアリーグで少し前に使われていました。

 

キックオフ・・・サッカーの試合が始まること。

 

キックフェイント・・・シュートをするふりをして、相手を抜いたり、シュートする時間を作ることです。

 

ギャップ・・・DFとDFの間にできるスペースのことを言います。現在のサッカーではスペースが埋まるスピードが速いので、いかにこのスペースでボールをもらうかが重要になります。

 

キャプテン・・・チームをまとめる人のことです。クラブチームのキャプテンとゲーム内のキャプテンがいます。クラブとゲームのキャプテンはほぼ一緒ですが、怪我や戦術的理由などからゲームに出れないときに、他の人がゲームキャプテンをやることがあります。第4キャプテンくらいまで決めているチームもあるようです。

 

サッカー用語 ク

くさび・・・DFにマークされている前方の選手にパスをすること。パスを受けた選手が相手をひきつける間に、後方の選手がフリーになるプレーです。

 

クラブチーム・・・サッカー選手はどこかのチームに所属します。そのチームのことをクラブ、若しくはクラブチームといいます。企業やサポーターのファンクラブによって運営されている団体のことです。

 

クライフターン・・・元オランダ代表のヨハン・クライフ選手が開発したドリブルフェイントです。ボールを蹴ると見せかけて、足のインサイドでボールを軸足の後ろを通して、体を90度回転させて、相手を置き去りにするプレーになります。

 

クリア・・・敵からゴールを守るために、ボールを蹴ったり、体に当てて防ぐことです。

 

クリーンシート・・・無失点で試合を終えること。

 

グループリーグ・・・大会形式の一つです。大きな大会ではチーム数を減らすために数組に分かれて、総当り戦をおこないます。4チームで戦うことが多く、上位2チームが本戦に進むことになります。ちなみにグループリーグは和製英語であり、英語圏では一般的にグループステージもしくはプールと呼ばれています。

 

クロス・・・サイドから中央にボールを上げることをいいます。主にサイドの選手がおこなうプレーです。正確なクロスを上げられるほど、得点率も高くなります。

 

クロスバー・・・ゴールの枠の上の部分。省略して「バー」と呼ぶ場合も多いです。

 

クロッサー・・・クロスを上げる選手のことです。少し前だと元イングランド代表だったベッカム選手が得意としていました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました