サッカーで知っておくべき用語カを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカー用語についてあなたはどれくらい知っていますか?

いつの間にか新しいワードができていて、これって何だろうと思うことはないですか?
サッカーのことをもっと知りたい人向けに、サッカー用語を辞書のようにして紹介していきたいと思います。

これを読めばサッカー用語がわかるので、解説の人が言っていることもわかります。
サッカーが今以上に楽しめるので好きになるはずです。

それでは早速、今回のカの解説をしていきますね。

サッカーで知っておくべき用語カ

・カウンター
・勝ち点
・カットイン
・カテナチオ
・カバーリング

この用語について解説をしていきます。

サッカー用語カ:カウンター

サッカーにおける戦術の一つです。攻め込まれている側がボールを奪って、相手の守備が整う前に素早く攻める方法のことをいいます。
自陣深くで守備を固めて、低い位置でボールを奪い、遠くに蹴るロングボールで反撃するロングカウンター。前からボールを奪いに行くプレスなどによって高い位置で奪って、攻撃をするショートカウンターの2種類があります。

カウンターは、全体的に前掛りになっているところでおこなうので、決まりやすい場合が多いです。人数が少ない場合や守っている人が守備の体制を整える前に攻撃ができるので、利点が多い方法になります。しかし、カウンターは少人数で攻めることができるので、多くの選手が守備に専念することができるという特徴を持つ一方、FWにはスピードや決定力などが要求されます。

カウンターを戦術とするチームはたくさんあります。相手にわざとボールをもたせて、わずかな隙を付いてカウンターを決める戦い方です。主に格上の相手と対戦するときに用いられます。これが弱者が勝つための手段です。

カウンターの対策は、ボールを奪われたら素早くプレスに転じて、カウンターの起点を止めることです。カウンターを阻止するには、カウンター前の段取りをやるしかありません。仮にロングボールを蹴られたら、無理にボールを取りに行かないで、抜かれないように、時間を遅らせるようににして、味方が戻ってくるのを待ちながら守るが良いです。

サッカー用語カ:勝ち点

試合結果によってもらえるポイントのことです。リーグや大会の予選的なグループステージでは勝ち点を争って戦います。

勝つと3ポイント、同点だと1ポイント、負けてしまうと0ポイントがチームに加算されていきます。

サッカー用語カ:カットイン

ディフェンスラインの組織に向かっていくような突破方法です。主にサイドの選手が中央に向かってドリブルするときに使われます。

試合中に解説の方が「サイドから中央にカットインしてきた」などと話すことを聞いたことあるかと思います。

サッカー用語カ:カテナチオ

イタリアの鉄壁守備の総称です。イタリア語で閂(かんぬき)の意味になります。

ディフェンスラインの後ろで左右に動くスイーパーというポジションがかんぬきをさす動きに似ていることからそう呼ばれるようになりました。また、カギを掛けたように守備が堅い戦術という意味もあるそうです。

一昔前のイタリアではほとんどの選手がしっかりと引いて守りを固める戦術をしていました。イタリアのサッカーではしっかりと守る戦い方が好まれていたためです。それが、イタリア代表でもそのまま使われることになりました。カテナチオはマンツーマンで対応したときに、マークしていた相手に振り切られても、味方がカバーする戦術です。マンマークの守備をしない担当の選手を置いて守ります。そのポジションをイタリア語で自由というリベロと呼んでいました。

カテナチオ自体は1960年代の戦術で古い言葉ですが、私たちがイメージするカテナチオは、2002年などのイタリアを指すのではないかと思います。少なくとも私はそう思っています。マルディー二選手やネスタ選手、カンナヴァーロ選手が活躍したイタリア代表です。鉄壁のイメージが今でもありますよね。

サッカー用語カ:カバーリング

味方の選手が抜かれたときに自分の持ち場を離れて助けにいく行為です。また、味方が攻め上がっている時に空いているスペースを埋めることもカバーリングと言います。

サッカーで知っておくべき用語カのまとめ

サッカー用語のカについて解説をしてきました。

良く使われる言葉からマニアックな言葉まで色々あったと思います。
これを知っていると一目置かれるかも知れません。

他のサッカー用語を知りたい方は以下からどうぞ
サッカーで知っておくべき用語アを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカーで知っておくべき用語イを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカーで知っておくべき用語ウ、エを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカーで知っておくべき用語オを紹介 !初心者必読の用語集。

タイトルとURLをコピーしました