サッカーで知っておくべき用語イを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカー用語についてあなたはどれくらい知っていますか?

いつの間にか新しいワードができていて、これって何だろうと思うことはないですか?

サッカーのことをもっと知りたい人向けに、サッカー用語を辞書のようにして紹介していきたいと思います。

これを読めばサッカー用語がわかるので、解説の人が言っていることもわかります。
サッカーが今以上に楽しめるので好きになるはずです。

それでは早速、今回のイの解説をしていきますね。

サッカーで知っておくべき用語イ

・イエローカード
・移籍
・1.5列目
・インサイドキック
・インステップキック
・インターセプト
・インテンシティ
・インフロントキック
・インサイドハーフ

この用語について解説をしていきます。

サッカー用語イ:イエローカード

危険なプレーや悪質なプレーを行ったときなど、非紳士的な行為をした場合に出されるカードのことです。審判が警告的な意味で出す黄色いカードをそう呼びます。2枚もらってしまうとレッドカードとなり、退場を言いわたされます。

サッカー用語イ:移籍

所属チームを変えることを言います。7月~8月の間と1月に移籍期間が設けられ、その期間内にチームの移動ができます。

サッカー用語イ:1.5列目

セカンドトップの名称の一つ。真ん中にいる攻撃の選手をセンターフォワードと呼びます。その選手よりも少し下がった位置にいる選手のことをセカンドトップと言います。攻撃的ミッドフィルダーと似たような役割をすることも多いポジションです。チームによって役割が変化します。日本代表の岡崎選手や香川選手がこのポジションをしていることが多いです。
セカンドトップの選手がセンターフォワードの後ろから飛び出してくる様子からシャドーストライカーなんて表記されていることもあります。

サッカー用語イ:インサイドキック

足の内側の面、土踏まずの上辺りでボールを蹴るやりかたです。強いボールは蹴れない代わりに正確なボールを蹴ることができます。なので、味方にパスする時や確実に決めたい時に使うキックです。

サッカー用語イ:インステップキック

足の甲の内側あたりで蹴るやりかたです。インサイドキックよりも制度は落ちますが、早く、強いボールが蹴れます。遠くに蹴る時に使うといいかもしれません。

サッカー用語イ:インターセプト

相手のパスをカットすることを言います。相手にボールが渡る前に取るプレーでこれが成功すると多くのチャンスを生むことが可能です。

サッカー用語イ:インテンシティ

インテンシティとは、「力強さ」的な意味合いで使われることが多いです。インテンシティに優れた選手なんて使い方をします。

サッカー用語イ:インフロントキック

親指の付け根辺りで蹴るボールです。カーブしやすいボールが蹴れるので、シュートやゴール前にいる味方に蹴る、センターリングをする時に役立ちます。

サッカー用語イ:インサイドハーフ

中盤ポジションが呼ばれる名称の一つ。真ん中のポジションに当たるミッドフィルダーが2人並んだときに、その選手に向かって使う言葉です。多くは真ん中を3人で守るフォーメーションで、なおかつ上から見て逆三角形になっているときに使用します。4-3-3の中盤逆三角形の前、2人です。攻撃的なポジションを担うことになります。日本代表でも何回か使われたことがある形です。柴崎選手や今野選手などが担当しました。

サッカーで知っておくべき用語イのまとめ

サッカー用語のいについて解説をしてきました。

良く使われる言葉からマニアックな言葉まで色々あったと思います。
これを知っていると一目置かれるかも知れません。

他のサッカー用語を知りたい方は以下からどうぞ
サッカーで知っておくべき用語アを紹介 !初心者必読の用語集。

サッカーで知っておくべき用語ウ、エを紹介 !初心者必読の用語集。

タイトルとURLをコピーしました