歴代最高で挑むは、最高成績。ロシアワールドカップ登録メンバー メキシコ代表

ロシアワールドカップ、今回はメキシコ代表について書いていこうと思います。

 

メキシコ代表は7大会連続16回目の出場になります。最高成績はベスト8です。

 

今大会に挑むメンバーは歴代最高と言われています。陣容の質と層の厚さが圧倒的なのです。ジャイアントキリングを起こす可能性は十分にあると思います。

 

6大会連続で阻まれているベスト8の壁を突破できるかが、このチームの見所の一つです。

 

登録メンバー

GK
ヘスス・コロナ(クルス・アスル)
アルフレード・タラベラ(トルーカ)
ギジェルモ・オチョア(スタンダール・リエージュ/ベルギー)

DF
ウーゴ・アジャラ(UANLティグレス)
カルロス・サルセド(フランクフルト/ドイツ)
ディエゴ・レジェス(ポルト/ポルトガル)
ミゲル・ラジュン(セビージャ/スペイン)
エクトル・モレノ(レアル・ソシエダ/スペイン)
エドソン・アルバレス(クラブ・アメリカ)

MF
ラファエル・マルケス(アトラス)
ジョナタン・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー/アメリカ)
マルコ・ファビアン(フランクフルト/ドイツ)
エクトル・エレーラ(ポルト/ポルトガル)
アンドレス・グアルダード(ベティス/スペイン)
ハビエル・アキーノ(UANLティグレス)
ヘスス・ガジャルド(モンテレイ)

FW
ラウール・ヒメネス(ベンフィカ/ポルトガル)
ジョバニ・ドス・サントス(ロサンゼルス・ギャラクシー/アメリカ)
カルロス・ベラ(ロサンゼルスFC/アメリカ)
ハビエル・エルナンデス(ウェストハム/イングランド)
ヘスス・マヌエル・コロナ(ポルト/ポルトガル)
オリベ・ペラルタ(クラブ・アメリカ)
イルビング・ロサノ(PSV/オランダ)

 

注目選手

メキシコ代表の注目選手は、ハビエル・エルナンデスです。

 

ウエスト・ハムに所属する点取り屋。代表のエースストライカーです。17年5月に歴代最多得点を更新するなど、国民のアイドル的存在になります。

 

ゴールを呼び込む嗅覚とポジショニングが秀逸で、まさにゴールを奪うハンターというのがしっくりくる存在です。

 

ゴールを奪う能力はトップクラスなので、彼を見ているだけでも面白いと思います。注目してください。

 

メキシコ代表に思うこと

今大会のメキシコ代表の成績は2勝です。あの最強ドイツ代表を破るなど快進撃を続けています。

グループリーグ突破は決めているので、あとは順位次第という状況です。それだけ勢いがあります。

また、攻守のバランスがとても良く、ゴールに迫るシーンが多いので、戦いを見ていても楽しいチームだと思います。

 

個人的に期待したいのがエルナンデスです。彼のプレーはゴールを奪うために効率化されています。その動きは秀逸で、ある意味ミランのレジェンド、インザーギニ似ていると思っています。ゴールを奪うということだけに特化した特別な選手です。

なので、彼が量産するゴールの山に期待しています。

 

今大会、メキシコ代表の勢いがどこまで行くのか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました