レスターシティFC 2020-2021シーズン選手紹介【フォーメーション、試合レビューも】

サッカー・プレミアリーグ「レスターシティFC」のチーム紹介です。

レスターシティは日本代表の岡崎慎司が所属したチームなので、知っている人も多いと思います。
プレミアリーグ優勝を果たして、「ミラクルレスター」と呼ばれました。

今季のレスターもそんなチームに負けないくらい魅力的なチームです。

そんなレスターシティについて解説していきます。

 

本記事の内容

  • レスターシティについて
  • 試合レビュー

レスターシティについて

Embed from Getty Images

 
創立18884年
ホームタウンレスター
ホームスタジアムキング・パワー・スタジアム
公式HPhttp://www.lcfc.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/lcfc/
公式Facebookhttps://www.facebook.com/lcfc/
公式Instagramhttps://www.instagram.com/lcfc/
主なタイトルプレミアリーグ:1回
リーグカップ:3回

イングランド中部・レスターシャー州レスターをホームタウンとするサッカーチームです。
本拠地はキング・パワー・スタジアム。収容人数は2,312人。

2015-16シーズンのプレミアリーグで優勝を果たし、「ミラクル・レスター」と讃えられました。

レスターシティのスタメンフォーメーション

キャスパー・シュマイケル

Embed from Getty Images

ユナイテッドで活躍したGKピーターシュマイケルを父に持つサラブレッド。

的確なポジショニングでゴールを守るレスターの守護神。
セービングスキルも抜群です!

またここ2、3年で足元も上手くなったので、万能型にふさわしいGKになりました。
レスターの最後の砦です。

ジェームズ・ジャスティン

Embed from Getty Images

的確なタイミングでオーバーラップができる攻撃型のサイドバックです。味方の立ち位置によってオーバーラップのタイミングやコースを使い分けるられる頭脳を持っています。
サイドバックとしては大型の体格が特徴。守備では対人能力が強く、簡単に振り切られることはありません。
弱点の少ない万能型のサイドバック です。

チャグラル・ソユンチュ

Embed from Getty Images

背はそこまで高くはありませんが、空中戦、地上戦とどちらも負けない体の強さを持っています。
その強さがありながら足も早いのが特徴です。体が強いDFは足が遅くなりがちですが、このセンターバックは違います。

足元の上手さも特徴です。最終ラインからのゲームメークもできるので、レスターのビルドアップに欠かせない存在と言えます。

ウィルフレッド・ディディ

Embed from Getty Images

奇跡的に優勝を達成した2015-16シーズンのチームでエンゴロ・カンテが見せたような仕事を、現チームで披露しているのがウィルフレッド・エンディディです。

対人対応やカバーリング能力が非常に高いのが特徴になります。187㎝と長身ながら機動力と運動量もあり、ハードなタックルが持ち味です。
センターバックをやっていたこともあって、守備力もあります。

ティモシー・カスターニュ

Embed from Getty Images

右サイドを基本にしている攻撃的なSB。前めのウイングポジションもできる選手です。

魅力は積極的な攻撃参加と得点力で、2018-19シーズンは5ゴール4アシストを記録しています。
比較的大柄なので、エアバトルも強いです。

レスターの攻撃に厚みを加えるサイドのスペシャリストと言えます。

ナンパリス・メンディ

Embed from Getty Images

なんでもできる器用なMF。優れたディフェンス能力と安定した足元の技術が特徴です。

風貌やプレースタイルが似ていることから、かつてフランス代表で活躍したレジェンドMF、クロード・マケレレと比較されることも。

ハービー・バーンズ

Embed from Getty Images

ドルブルを武器にするMF。ドルブルに絶対の自信を持ち、敵陣に切り込んでいくプレースタイルは必見です。

チャンスメークもできるのでアシストも量産していきます。

デニス・プラート

Embed from Getty Images

知るひとぞ知るみたいなプレーをする選手です。
目立つようなプレーはないけれど、ミスが少なく、キープ力もあり、一つ一つのプレーが安定しています。

守備にも献身的で、身長も180cm以上あるので、当たり負けはしません。

ユーリ・ティーレマンス

Embed from Getty Images

ティーレマンスはパスを得意とする司令塔タイプの選手です。
キック精度が高く、視野も広いのでチャンスをたくさん作ります。
長短のパスで数々の決定期を演出するのが特徴です。

安定したキープ力もあるのでボールを持つと安心感があります。

アヨゼ・ペレス

Embed from Getty Images

2列目ならどこでもできるMF。レスターでは右サイドを担当。

ポジショニングが上手いのが特徴で、頭の良いプレイヤーだと思います。
ゴールを奪う意識も強いので、ゴール近くに顔を出すことが多いです。

ジェイミー・ヴァーディー

Embed from Getty Images

カウンターを活かしたスピードが武器のレスターの絶対的エースです。

シュートの精度も高いので、多くの点を取ります。どこでも点を取れる万能型のFWです。

豊富な運動量で守備に貢献するのも特徴で、前線からチームを支えます。

レスターには欠かせない攻撃の要です。

レスターシティの全選手紹介

監督:ブレンダン・ロジャース

 
背番号名前ポジション国生年月日身長・体重今季出場数
1キャスパー・シュマイケルGKデンマーク1986/11/05189/8910
12ダニー・ウォードGKウェールズ1993/06/10191/881
35エルディン・ヤクポヴィッチGKスイス1984/10/02191/830
4チャグラル・ソユンチュDFトルコ1996/05/23185/824
3ウェズリーフォファナDFフランス2000/12/17185/766
2ジェームズ・ジャスティンDFイングランド1998/02/23183/8010
5ウィズ・モーガンDFジャマイカ1984/01/21186/1012(3)
6ジョニー・エバンスDF北アイルランド1988/01/03188/775
16フィリプ・ベンコビッチDFクロアチア1997/07/13194/800
18ダニエル・アマーティDFガーナ1994/12/21186/793
21リカルド・ペレイラDFポルトガル1993/10/06175/700
28クリスティアン・フクスDFオーストリア1986/04/07187/896(1)
33ルーク・トーマスDFイングランド2001/06/10181/4(1)
27ティモシー・カスターニュDFベルギー1995/12/05180/805
34ジョシュナイトDFイングランド1997/09/07185/780
7デマレイ・グレイMFイングランド1996/06/28180/741
8ユーリ・ティーレマンスMFベルギー1997/05/07176/7210
10ジェームズ・マディソンMFイングランド1996/11/23175/735(5)
11マーク・オルブライトンMFイングランド1989/11/18175/744(4)
15ハービー・バーンズMFイングランド1997/12/09174/667(2)
20ハムザ・チャウドリーMFイングランド1997/10/01178/643(2)
22マッティ・ジェームズMFイングランド1991/07/22181/860
23アドリエン・シウバMFポルトガル1989/03/15175/670
25ウィルフレッド・ディディMFナイジェリア1996/12/16183/742
26デニス・プラートMFベルギー1994/05/14181/787(2)
31ラシド・ゲザルMFアルジェリア1992/05/09182/700
24ナンパリス・メンディMFフランス1992/06/23167/238(1)
19ジェンギズ・ウンデルMFトルコ1997/07/14173/662(3)
9ジェイミー・ヴァーディーFWイングランド1987/01/11179/747(1)
13イスラム・スリマニFWアルジェリア1988/06/18188/830(1)
14ケレチ・イヘアナチョFWナイジェリア1996/12/16183/743(3)
17アヨゼ・ペレスFWスペイン1993/07/29178/723(1)

レスターで個人的に注目の選手

Embed from Getty Images
個人的に注目の選手はジェイミー・ヴァーディーです。

攻撃力とシンデレラストーリーは応援したくなる要素だと思います。

ヴァーディは元々イングランドのシェフィールド・ウェンズディというチームの下部組織でプレーしていました。
しかし、「サイズが小さすぎる」という理由で退団を余儀なくされ、8部リーグ相当のストックスブリッジパーク・スティールズに移籍することになります。

8部リーグになるとそれだけでは食べていけず、昼間は工場で働き、夜はサッカーの練習という過酷な生活を送っていたそうです。

そんな中でもクラブでは抜群の得点能力を見せ、2010年には6部リーグ相当のハリファクス・タウンに移籍、2011年には5部リーグ相当のフリートウッド・タウンに移籍するなど徐々にステップアップをしていきます。

そしてイングランドのトップカテゴリーから注目され始め、レスターに移籍することになりました。
初年度はなかなか結果が出せなかったものの翌シーズンには16ゴールを記録、プレミアリーグ昇格に貢献します。

こういうシンデレラストーリーは応援してくなる要素ですね。

そんなヴァーディーはプレミアでも優勝という奇跡のようなストーリーを紡いでいきました。

ヴァーディーの特徴はスピードで勝負するタイプのフォワードです。
一瞬の爆発力と天性の得点感覚でゴールを量産していきます。

プレミア史上最年長記録となる33歳で自身初の得点王に輝いたチームのエースです。

ぜひ注目して下さい。

レスターの戦いレビュー

 
リーグ順位試合数勝ち引き分け負け得点失点得失点勝ち点
プレミアリーグ8602189918
EFLカップ3回戦

プレミアリーグ 第1節ウエストブロムウィッチアルビオン戦

Embed from Getty Images
ウエストブロムウィッチアルビオ0-3レスターシティ

先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ティモシー・カスターニュ、ウィルフレッド・ディディ、チャグラル・ソユンチュ、ジェームズ・ジャスティン
MF:ユーリ・ティーレマンス、ナンパリス・メンディ 、デニス・プラート、ハービー・バーンズ
FW:アヨゼ・ペレス、ジェイミー・ヴァーディー

プレミアリーグ第1節が13日に行われ、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)対戦したレスター。

試合が動いたのは56分、アウェイのレスターが先制に成功。ジャスティンのスルーパスからエリア内の左角に侵入したプラートが左足で折り返すと、ファーサイドから飛び込んできたカスターニュが頭で合わせて先制。プレミア初得点をマークします。

後半に入ってペースを握ったのはレスター、73分、84分にPKを獲得してジェイミー・ヴァーディーがしっかりと決めて試合は終了。

ちなみにレスターの開幕節勝利は、優勝した2015-16シーズン以来のことです。

【得点者】
56分 0-1 ティモシー・カスターニュ(レスター)
74分 0-1 ジェイミー・ヴァーディー(レスター)
84分 0-1 ジェイミー・ヴァーディー(レスター)

プレミアリーグ 第2節バーンリー戦

Embed from Getty Images
レスター4-2バーンリー

先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ティモシー・カスターニュ、ウィルフレッド・ディディ、チャグラル・ソユンチュ、ジェームズ・ジャスティン
MF:ユーリ・ティーレマンス、ナンパリス・メンディ 、デニス・プラート、ハービー・バーンズ
FW:アヨゼ・ペレス、ジェイミー・ヴァーディー

プレミアリーグ第2節、WBA戦と同じ先発メンバーで試合に臨んだレスター。立ち上がり10分に失点を許すが、20分に同点に成功。ヴァーディがタメを作り、駆け上がってきたカスターニュにパス。これをカスターニュがワンタッチで折り返すと、中央のバーンズがゴール左隅にシュートを流し込みました。

1-1で迎えた後半51分、ティーレマンスのスルーパスをボックス右に駆け上がったカスターニュがダイレクトで折り返すと、ブロックに戻ったピーテルスのオウンゴールを誘い、レスターが逆転に成功。

逆転弾で主導権を握ったレスターは、61分にジャスティンがゴールネットを揺らしました。
その後、セットプレーからジミー・ダンのゴールで1点を返されたものの、79分にプラートが強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺し、再びリードを広げることに成功。

試合はそのまま4-2でレスターの勝利です。

【得点者】
10分 0-1 クリスウッド(バーンリー)
20分 1-1 ハービー・バーンズ(レスター)
50分 2-1 OG
61分 3-1 ジェームズ・ジャスティン(レスター)
73分 3-2 ジミー・ダン(バーンリー)
79分 4-2 デニス・プラート(レスター)

EFLカップ3回戦アーセナル

Embed from Getty Images

レスター0-2アーセナル

先発メンバー
GK:ダニー・ウォード
DF:ダニエル・アマーティ、ウィズ・モーガン、クリスティアン・フクス、ルーク・トーマス
MF:マーク・オルブライトン、ジェームズ・マディソン、ハムザ・チャウドリー、K. Dewsbury-Hall、デマレイ・グレイ
FW:ケレチ・イヘアナチョ

カラバオ・カップ3回戦が23日に行われ、レスターとアーセナルが対戦。

試合は立ち上がりからお互いにチャンスを作るが得点には結びつきませでした。

試合が動いたのは後半57分、ニコラ・ぺぺがエリア右に切り込んでシュートを放つと、一度はGKに阻まれたが、自らこぼれ球に反応してシュート。右ポストに弾かれたが、ボールはDFクリスティアン・フクスに当たってゴールに吸い込まれる。

1点リードを得たアーセナルは終了間際の90分にも得点し、レスターは敗戦してしまいました。

【得点者】
57分 0-1 OG
90分 1-1 エドワードエンケティア(アーセナル)

プレミアリーグ 第3節マンチェスターシティ戦

Embed from Getty Images
マンチェスターシティ2-5レスター

先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ティモシー・カスターニュ、ダニエル・アマーティ、ジョニー・エバンス、チャグラル・ソユンチュ、ジェームズ・ジャスティン
MF:ユーリ・ティーレマンス、ナンパリス・メンディ 、デニス・プラート、ハービー・バーンズ
FW:ジェイミー・ヴァーディー

プレミアリーグ第3節、マンチェスター・シティ戦が27日にエティハド・スタジアムで行われました。

開始4分、マフレズがボックス右から逆足の右で弾丸シュートをゴール左上隅の完璧なコースに突き刺して先制。
レスターも負けじと36分、バーンズのスルーパスに反応したジェイミー・ヴァーディーがボックス左でウォーカーに引き倒されてPKを獲得。これを自ら冷静に流し込み、前半のうちに同点に戻すことに成功しました。

後半ゴールを挙げたのはレスター、54分カスターニュがボックス右ライン際に抜け出してグラウンダーのクロス。これをニアに走り込んだヴァーディが絶妙なワンタッチシュート、これで逆転に成功。

さらに、直後の58分にはボックス内に抜け出したジェイミー・ヴァーディーがDFエリック・ガルシアに倒されてこの試合2つ目のPKが与えられます。これを自らがしっかりと決めてハットトリックを達成したジェイミー・ヴァーディー。

シティは前がかりな攻めを見せるが、最後のところで点にはつながらず。逆にレスター得意のカウンターが炸裂することになります。77分、途中出場のマディソンが見事なミドルシュートを叩き込みました。

その後もレスターが有利にことが運びます。シティは84分にマフレズの右CKをアケが頭で合わせ、2点差に縮めるものの、88分にはメンディがマディソンを後方から引き倒して、この試合3つ目のPKを献上。これをティーレマンスに決めて、レスターの勝利。

この試合によって、マンチェスターシティのグアルディオラ監督はキャリア初の1試合5失点を喫して大敗し今季初黒星。一方、レスターはクラブ史上初となるプレミアリーグ開幕3連勝を飾りました。

【得点者】
4分 1-0 リヤド・マフレズ(マンチェスターシティ)
37分 1-1 ジェイミー・ヴァーディー(レスター)
50分 1-2 ジェイミー・ヴァーディー(レスター)
61分 1-3 ジェイミー・ヴァーディー(レスター)
73分 1-4 ジェームズ・マディソン(レスター)
84分 2-4 ネイサン・アケ(マンチェスターシティ)
88分 2-5 ユーリ・ティーレマンス(レスター)

プレミアリーグ 第4節ウエストハム戦

Embed from Getty Images
レスター0-3ウエストハム
先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ティモシー・カスターニュ、ダニエル・アマーティ、ジョニー・エバンス、チャグラル・ソユンチュ、ジェームズ・ジャスティン
MF:ユーリ・ティーレマンス、ナンパリス・メンディ
FW:アヨゼ・ペレス、ジェイミー・ヴァーディー、 ハービー・バーンズ

プレミアリーグ第4節、ウエストハム戦が10月4日に行われました。

開始14分、先制したのはアウェイ、ウェストハム。14分、アーロン・クレスウェルがアーリークロスを供給すると、ファーサイドのマイケル・アントニオがヘディングで合わせたボールをGKキャスパー・シュマイケルが処理できず、ボールはゴール左下隅へと吸い込まれてしまいました。
同点を狙おうとしますが34分大きく蹴ったボールがハイラインを敷いていたレスターのDFラインを超え、パブロ・フォルナルスがオフサイドラインと入れ替わるようにしてボールを回収。そのままエリア内まで独走し、最後はニアのゴール左下を突いてネットを揺らした。
同点にしようとしますが34分、ウエストハム側が蹴ったボールがハイラインを敷いていたレスターのDFラインを超えてしまい、それを入れられて2点目を奪われることになります。
83分にもフォルナルスのスルーパスから抜け出したジャロッド・ボーウェンが得意の左足で沈めてゲームが終了。

レスターは枠内シュート0を記録する試合となってしまいました。

【得点者】
14分 0-1 マイケル・アントニオ(ウェストハム)
34分 0-2 パブロ・フォルナルス(ウェストハム)
83分 0-3 ジャロッド・ボーウェン(ウェストハム)

プレミアリーグ 第5節アストン・ビラ戦

Embed from Getty Images
レスター0-1アストン・ビラ
先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ティモシー・カスターニュ、ジョニー・エバンス、ウェズリーフォファナ、ジェームズ・ジャスティン
MF:ユーリ・ティーレマンス、ナンパリス・メンディ、デニス・プラート
FW:アヨゼ・ペレス、ケレチ・イヘアナチョ、 ハービー・バーンズ

プレミアリーグ第5節、アストン・ビラ戦が10月19日に行われました。

22分、イヘアナチョからボールを受けたティモシー・カスターニュが右サイドの角度のない位置からシュートを放つもGKにセーブされてしまいます。さらに24分、イヘアナチョがペナルティエリア手前からミドルシュートを放つが、これもGKの好セーブに阻まれてしまいました。

対するアストン・ヴィラは26分、トレゼゲがペナルティエリア内左の位置からシュートを放つが、ゴール左に外れてしまいます。
両チームともに激しいボールの奪い合いを見せ、前半だけでイエローカードが4枚出される展開に。

前半は無得点のまま終了。後半も決定機を作りますが試合は動かないまま。試合終了かと思われた、後半アディショナルタイム1分。ロス・バークリーがペミドルシュートを放ち、これがゴール左に突き刺さって、試合はこのまま終了。

【得点者】
90分 0-1 ロス バークリー(アストン・ヴィラ)

プレミアリーグ 第6節アーセナル戦

アーセナル0-1レスター
Embed from Getty Images
先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ティモシー・カスターニュ、ジョニー・エバンス、ウェズリーフォファナ、ジェームズ・ジャスティン、クリスティアン・フクス
MF:ユーリ・ティーレマンス、ナンパリス・メンディ 、デニス・プラート、ジェームズ・マディソン
FW:ジェイミー・ヴァーディー

プレミアリーグ第6節が10月26日に行われアーセナルと対戦したレスター。

アーセナルが前半から攻勢に出るもレスターがしっかりと守り、前半は0-0。
試合が動いたのが後半15分、ユーリ・ティーレマンスが相手守備陣の裏にロングパスを放ち、反応した途中出場FWジェンギズ・ウンデルが猛ダッシュで折り返すと最後はバーディがダイビングヘッドでゴール。均衡を破り、試合はそのまま終了。

【得点者】
80分 0-1 ジェイミー ヴァーディー(レスター)

UEFAヨーロッパリーグ AEKアテネ戦

Embed from Getty Images
AEKアテネ1-2レスター

先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ウィズ・モーガン、ウェズリーフォファナ、ジェームズ・ジャスティン、クリスティアン・フクス
MF:マーク・オルブライトン、ユーリ・ティーレマンス、ハムザ・チャウドリー、ジェームズ・マディソン、ジェンギズ・ウンデル
FW:ジェイミー・ヴァーディー

UEFAヨーロッパリーグが10月30日に行われAEKアテネと対戦したレスター。
ジェイミー ヴァーディーとハムザ・チャウドリーの得点で勝利を納めました。

【得点者】
18分 0-1 ジェイミー ヴァーディー(レスター)
39分 1-1 M. Tankovic(AEKアテネ)
48分 1-2 ハムザ・チャウドリー(レスター)

プレミアリーグ 第7節リーズ戦

Embed from Getty Images
リーズ1-4レスター

先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ウェズリーフォファナ、ジェームズ・ジャスティン、クリスティアン・フクス、ルーク・トーマス
MF:マーク・オルブライトン、ユーリ・ティーレマンス、ナンパリス・メンディ 、デニス・プラート、ハービー・バーンズ
FW:ジェイミー・ヴァーディー

プレミアリーグ第7節が11月3日に行われリーズと対戦したレスター。

開始3分、リーズのバックパスをヴァーディがカット、それをバーンズが決めて先制。

追いつきたいリーズでしたが主導権はレスター。21分、オルブライトンの右クロスに合わせたヴァーディのヘディングシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをティーレマンスが詰めて追加点。
後半開始の48分、ショートコーナーの流れからダラスがクロスを入れるとそのままゴールに吸い込まれます。
追いつかれそうになるが76分、ジェンギズ・ウンデルからのラストパスをヴァーディーが押し込んで突き放します。
ラストにはユーリ・ティーレマンスがPKを決めて勝利を納めました。

【得点者】
3分 0-1 ハービー・バーンズ(レスター)
21分 0-2 ユーリ・ティーレマンス(レスター)
48分 1-2 スチュアート・ダラス(リーズ)
76分 1-3 ジェイミー ヴァーディー(レスター)
90分 1-4 ユーリ・ティーレマンス(レスター)

UEFAヨーロッパリーグ ブラガ戦

Embed from Getty Images
レスター4-0ブラガ

先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ウェズリーフォファナ、ジェームズ・ジャスティン、クリスティアン・フクス、ルーク・トーマス
MF:マーク・オルブライトン、ユーリ・ティーレマンス、ハムザ・チャウドリー、ジェームズ・マディソン、ジェンギズ・ウンデル
FW:ケレチ・イヘアナチョ

UEFAヨーロッパリーグが11月6日に行われブラガと対戦したレスター。
ケレチ・イヘアナチョの2得点とデニス プラート、ジェームズ マディソンがゴールを決めてレスターが余裕をもって勝利を納めました。

【得点者】
20分 1-0 ケレチ・イヘアナチョ(レスター)
47分 2-0 ケレチ・イヘアナチョ(レスター)
67分 3-0 デニス プラート(レスター)
78分 4-0 ジェームズ マディソン (レスター)

プレミアリーグ 第8節ウォルヴァーハンプトン戦

Embed from Getty Images
レスター1-0ウォルヴァーハンプトン

先発メンバー
GK:キャスパー・シュマイケル
DF:ウェズリーフォファナ、、ジョニー・エバンス、ジェームズ・ジャスティン、クリスティアン・フクス、ルーク・トーマス
MF:ユーリ・ティーレマンス、ナンパリス・メンディ、デニス・プラート、、ジェームズ・マディソン
FW:ジェイミー・ヴァーディー

プレミアリーグ第8節が11月8日に行われウォルヴァーハンプトンと対戦したレスター。

前半15分、相手のハンドからPKを獲得。キッカーを担当したジェイミー・ヴァーディーがしっかりと決めて、先制。
38分にはジェームズ・ジャスティンが倒されて、2度目のPKを獲得。再びヴァーディーがキッカーを務めるが、相手GKルイ・パトリシオに止められて失敗。このまま前半が終了します。
後半は得点が生まれず、このまま終了。レスターがなんとか勝利を納めました。

【得点者】
15分 1-3 ジェイミー ヴァーディー(レスター)

レスターは小粒揃いの精鋭部隊

レスターシティについて紹介してきました。

レスターシティは元日本代表の岡崎が所属していた頃に達成したリーグ優勝から、プレミアリーグの上位に食い込むようになったチームです。

世界的なスター選手はジェイミー・ヴァーディーくらいですが、上手い選手がたくさんいます。
小粒が揃っている感じです。チームワークも抜群。
特にカウンターは観ていて面白いと思います。

もし20/21シーズンのプレミアリーグを観るならDAZNに入会しましょう。
レスターの試合以外にもたくさんのサッカーが観れます。

契約料金:月額1750円(税抜)
中継試合:プレミアリーグ全試合
放送形式:オンデマンド配信

無料のお試しもありますよ。

レスターシティが気になったらぜひ試合動画を観て応援しましょう。
以上、レスターシティについてでした。

タイトルとURLをコピーしました