アストン・ビラ 2020-2021シーズン選手紹介【フォーメーション、試合レビューも】

サッカー・プレミアリーグ「アストン・ビラ」のチーム紹介です。

昨シーズンは4シーズンぶりの1部で、18位ボーンマスと勝ち点1差の17位でなんとか残留を決めました。

今季は2部24得点のワトキンスや守護神にマルティネスが入ったことでことで要所要所に良い人材がいる布陣になっています。

そんなアストン・ビラについて解説していきます。

 

本記事の内容

  • アストン・ビラについて
  • 試合レビュー

アストン・ビラについて

Embed from Getty Images

 
創立1874年
ホームタウンバーミンガム
ホームスタジアムビラ・パーク
公式HPhttp://www.avfc.co.uk/
公式Twitterhttps://twitter.com/avfcofficial/
公式Facebookhttps://www.facebook.com/avfcofficial/
公式Instagramhttps://www.instagram.com/avfcofficial/
主なタイトルプレミアリーグ:7回
FAカップ:7回
リーグカップ:5回
チャンピオンズリーグ:1回

イングランドぼバーミンガムをホームタウンとするサッカーチームです。
本拠地はビラ・パーク。収容人数は42,095人になります。

リーグとFAカップでそれぞれ7回の優勝と1981-82シーズンに欧州制覇の経験もあるイングランドの名門クラブです。

イギリス王太子チャールズの長男ウイリアム王子がファンであることで有名。

アストン・ビラのスタメンフォーメーション

エミリアーノ・マルティネス

Embed from Getty Images

アーセナルに長年所属していたGKです。
アーセナル在籍時はサブとしてチームに貢献していましたが、アストン・ビラではレギュラーを務めることに。

今後の活躍に期待したいGKです。

 マット・ターゲット

Embed from Getty Images
左サイドを主戦場にする攻撃的なサイドバックです。

昨年の7節バーンリー戦でリーグ戦初出場すると、左サイドバックのレギュラーに定着しリーグ戦28試合に出場しました。

持ち味はやはり攻撃力です。1列前のジャック・グレイリッシュとのコンビはアストン・ビラの強みと言えます。

タイロン・ミングス

Embed from Getty Images
196cmの体格を活かした守備が特徴。元々サイドバックとしてプレーしていたため足も速いです。
たまに見せる縦へのドリブル突破や、高いフィードやサイドチェンジは攻撃の起点になることもあります。

昨シーズンはリーグ戦33試合にスタメン出場したディフェンスリーダーです。
ブロック数48はリーグトップ、クリア数189はリーグ3位の記録。

イングランド代表にも召集された注目のセンターバックです。

エズリ・コンサ

Embed from Getty Images
タイロン・ミングスと組むセンターバックです。
身長が183cmなのでプレミアのセンターバックとしては小柄な方ですが、スピードと器用さを兼ね備えています。

マティ・キャッシュ

Embed from Getty Images
右サイドを主戦場にするサイドバックです。

2019―2020シーズンではノッティンガム・フォレストで公式戦45試合に出場し、3得点5アシストを記録しました。

ジョン・マギン

Embed from Getty Images
チーム年間MVPを獲得したことがあるスコットランド代表のMF。

左足のキックは精度も威力も高いのが特徴です。運動量も豊富で中盤からの飛び出しも魅力で、多くのチャンスを作っていきます。

ドグラス・ルイス

Embed from Getty Images
最終ラインと前線のつなぎ役としてアンカーのポジションを任されているブラジルの若き才能。

柔軟な足下を活かしたドリブルも得意としています。

コナー・フーリハン

Embed from Getty Images
左足の精度が抜群で、セットプレーの期待値がかなり高い選手です。
多くのチャンスを演出します。

フーリハンが居ると居ないとではセットプレーの質がかなり変わると思います。

ジャック・グレイリッシュ

Embed from Getty Images
トップ下や左右のウイングもこなせるプレーメーカー兼アタッカー。基本な技術が高く、精度の良いパスとプレービジョンで攻撃を組み立てます。

また自らドリブルを仕掛けてフィニッシュに持ち込むこともできる万能型の攻撃的な選手です。

オリー・ワトキンス

Embed from Getty Images
スピードを武器にスペースを見つける動きや抜群のシュートセンスでゴールを量産する典型的なストライカーです。

一瞬の駆け引きでフリーとなって、ゴール奪うのが得意な選手になります。

身長は高くはないですが、ヘディングシュートも得意なFWです。

トレゼゲ

Embed from Getty Images
容姿が元フランス代表のえトレゼゲに似ているということから、トレゼゲというニックネームを持つ選手です。
本名はマフムード・ハッサン。

左ウイングを主戦場に鋭い仕掛けとパワフルな右足のシュートを得意とする攻撃的な選手になります。

アストン・ビラの全選手紹介

監督:ディーン・スミス

 
背番号名前ポジション国生年月日身長・体重今季出場数
26エミリアーノ・マルティネスGKアルゼンチン1992/09/02190/903
1トム・ヒートンGKイングランド1986/04/15188/850
12ジェド・スティアGKイングランド1992/09/23182/802
25エルヤン・ニーランGKノルウェー1990/09/10192/900
28ロブレ・カリニッチGKクロアチア1990/04/03201/900
5タイロン・ミングスDFイングランド1993/03/13195/853
22ビョルン・エンゲルスDFベルギー1994/09/15194/830
4エズリ・コンサDFイングランド1997/10/23183/773(1)
30コートニー・ハウスDFイングランド1995/07/16188/842
24フレドリック・ギルベールDFフランス1994/12/24178/702
2マティ・キャッシュDFイングランド1997/ 08/07185/3
27アーメド・エルモハマディDFエジプト1987/09/09182/752(1)
18マット・ターゲットDFイングランド1995/09/18183/703
 3ニール・テイラーDFウェールズ1989/02/07176/642
19マーベラス・ナカンバMFジンバブエ1994/01/19177/712(2)
6ドグラス・ルイスMFブラジル1998/05/09178/663
20ロス・バークリーMFイングランド1993/12/05186/871
7ジョン・マギンMFスコットランド1994/10/18178/633
14コナー・フーリハンMFアイルランド1991/02/02180/742(1)
41ジェイコブ・ラムジーMFイングランド2001/05/282(1)
8ヘンリ・ランズベリMFイングランド1990/10/12183/752
15ベルトラン・トラオレFWブルキナファソ1995/09/06181/732(2)
21アンワル・エルガジFWオランダ1995/05/03189/872
10ジャック・グレイリッシュFWイングランド1995/09/10175/683
 17トレゼゲFWエジプト1994/10/01179/713(1)
9ウェズレイFWブラジル1996/11/26191/920
11オリー・ワトキンスFWイングランド1995/12/30180/703(2)
39キーナン・デイビスFWイングランド1998/02/13178/682(1)

アストン・ビラで個人的に注目の選手

Embed from Getty Images
アストン・ビラで個人的に注目の選手はジャック・グレイリッシュです。

ジャック・グレイリッシュはバーミンガムで生まれ育ちます。
2001年(当時6歳)に地元バーミンガムに本拠地を置くアストン・ビラFCの下部組織に加入し、2011-12シーズンには16歳にしてトップチーム昇格を果たします。
アストン・ビラ一筋のキャプテンです。

ジャック・グレイリッシュはパスやドリブル、シュートどれもが高い能力を持っています。
攻撃の万能型と呼べる選手です。

的確な判断と精度の高いパスで攻撃を組み立てながら、足元の技術を活かして局面を打開していきます。

顔もイケメンなのでその辺もポイントです。

ぜひ注目して下さい。

アストン・ビラの戦いレビュー

 
リーグ試合数勝ち引き分け負け得点失点得失点勝ち点
プレミアリーグ330011299
EFLカップ3回戦

プレミアリーグ 第2節シェフィールド・ユナイテッド戦

Embed from Getty Images
アストン・ビラ1-0シェフィールド・ユナイテッド

先発メンバー
GK:エミリアーノ・マルティネス
DF:マット・ターゲット、タイロン・ミングス、エズリ・コンサ、マティ・キャッシュ
MF:ジョン・マギン、ドグラス・ルイス、コナー・フーリハン
FW:ジャック・グレイリッシュ、オリー・ワトキンス、トレゼゲ

プレミアリーグ第2節シェフィールド ・ユナイテッド戦が9月22日におこなわれました。

開始12分シェフィールド・ユナイテッドのセンターバック、ジョン・イーガンがオリー・ワトキンスにファウルを犯しレッドカードを提示される。
1人少なくなったシェフィールド・ユナイテッドに襲いかかるアストン・ビラだったが、36分PKを与えてしまいます。

それをエミリアーノ・マルティネスがセーブしてチームを救うことに成功。
そして63分、エズリ・コンサが頭で決めて先制に成功するとそのまま試合は終了。

アストン・ヴィラは10人のシェフィールド・ユナイテッドに1-0で勝利しました。

【得点者】
63分 1-0 エズリ・コンサ(アストン・ビラ)

EFLカップ3回戦ブリストル・シティ

Embed from Getty Images
ブリストル・シティ0-3アストン・ビラ

先発メンバー
GK:キジェド・スティア
DF:ニール・テイラー、コートニー・ハウス、アーメド・エルモハマディ、フレドリック・ギルベール
MF:ジェイコブ・ラムジー、マーベラス・ナカンバ 、 ヘンリ・ランズベリ
FW:アンワル・エルガジ、キーナン・デイビス、ベルトラン・トラオレ

 

【得点者】
11分 0-1 アンワル・エルガジ(アストン・ビラ)
14分 0-2 ベルトラン・トラオレ(アストン・ビラ)
78分 0-3 コナー・フーリハン(アストン・ビラ)

プレミアリーグ 第3節フラム戦

Embed from Getty Images
 フラム0-3アストン・ビラ

先発メンバー
GK:エミリアーノ・マルティネス
DF:マット・ターゲット、タイロン・ミングス、エズリ・コンサ、マティ・キャッシュ
MF:ジョン・マギン、ドグラス・ルイス、コナー・フーリハン
FW:ジャック・グレイリッシュ、オリー・ワトキンス、トレゼゲ

プレミアリーグ第3節フラム戦が9月29日におこなわれました。

開始4分ジョン・マギンからのボールをジャック・グレイリッシュが決めて先制に成功します。15分にはジョン・マギンがまたもアシスト、今度はMFのコナー・フーリハンが決めて試合を有利に進めます。
後半開始そうそうアストン・ビラがまたリードを広げることになりました。
コナー・フーリハンのフリーキックにタイロン・ミングスが合わせて3点目。

このリードをきっちりと守って連勝へと導きました。

【得点者】
4分 0-1 ジャック・グレイリッシュ(アストン・ビラ)
15分 0-2 コナー・フーリハン(アストン・ビラ)
48分 0-3 タイロン・ミングス(アストン・ビラ)

EFLカップ4回戦ストークシティ

Embed from Getty Images
アストン・ビラ0-1ストークシティ

先発メンバー
GK:キジェド・スティア
DF:ニール・テイラー、コートニー・ハウス、アーメド・エルモハマディ、フレドリック・ギルベール
MF:ジェイコブ・ラムジー、マーベラス・ナカンバ 、 ヘンリ・ランズベリ
FW:アンワル・エルガジ、キーナン・デイビス、ベルトラン・トラオレ

【得点者】
26分 0-1 サム ヴォークス(ストーク・シティ)

プレミアリーグ 第4節リバプール戦

Embed from Getty Images
アストン・ビラ7-2リバプール
先発メンバー
GK:エミリアーノ・マルティネス
DF:マット・ターゲット、タイロン・ミングス、エズリ・コンサ、マティ・キャッシュ
MF:ジョン・マギン、ドグラス・ルイス、ロス・バークリー
FW:ジャック・グレイリッシュ、オリー・ワトキンス、トレゼゲ

プレミアリーグ第4節リバプール戦が9月29日におこなわれました。

開始4分、ロバートソンのバックパスを受けたGKアドリアンだったが、そこから展開しようとしたときにジャック・グレイリッシュが奪い、折り返しをオリー・ワトキンスが決めて先制に成功します。

お互いチャンスを作りながらも中々ゴールは生まれませんでした。それを変えたのが22分、オリー・ワトキンスが倒れ込みながらシュート。これが入って2点目を奪います。

33分にはリバプールが反撃に出て1点差。しかし、その追い上げムードを壊したのがジョン・マギンでした。3-1にすると39分にはオリー・ワトキンスが決めてハットトリックを達成します。

4失点を喫したリバプールは後半、ケイタに代えて南野拓実を投入。点差を縮めたいところだったが、次を決めたのもアストン・ビラでした。
55分バークリーがペナルティーエリア手前の左から左足で決めて5点目。

60分にサラーが決めるも状態は変わりませんでした。
66分、75分にジャック・グレイリッシュがゴールを決めて7-2。

圧巻のゴールショーによって前回王者を打ち破りました。

【得点者】
4分 1-0 オリー・ワトキンス(アストン・ビラ)
22分 2-0 オリー・ワトキンス(アストン・ビラ)
33分 2-1 モハメド・サラー(リバプール)
35分 3-1 ジョン・マギン(アストン・ビラ)
39分 4-1 オリー・ワトキンス(アストン・ビラ)
55分 5-1 ロス バークリー(アストン・ビラ)
60分 5-2 モハメド・サラー(リバプール)
66分 6-2 ジャック・グレイリッシュ(アストン・ビラ)
75分 7-2 ジャック・グレイリッシュ(アストン・ビラ)

アストン・ビラの今後に注目

アストン・ビラについて紹介してきました。

開幕からカップ戦を除けば無敗。
前回王者リバプールに大勝するというジャイアントキリングを成し遂げました。

どこまでこの調子を保てるのか注目です。

もし20/21シーズンのプレミアリーグを観るならDAZNに入会しましょう。
アストン・ビラの試合以外にもたくさんのサッカーが観れます。

契約料金:月額1750円(税抜)
中継試合:プレミアリーグ全試合
放送形式:オンデマンド配信

無料のお試しもありますよ。

アストン・ビラが気になったらぜひ試合動画を観て応援しましょう。
以上、アストン・ビラについてでした。

タイトルとURLをコピーしました