センスを磨くには? 自分を変える3つの手順。

センスを磨くにはどうしたら良いんだろう…

ファッションやアート、食選び、最近では仕事の進め方など、
多くのことに対して、褒め言葉にセンスがあると言います。

言われたら嬉しい言葉ですよね。
でも、センスってどうやって身につければ良いのか、知っている人は少ないと思います。

仕事のことなら先輩にきたり、日々の業務から教われば良いし、資格ならセミナーや通信教育などを活用すれば良い。でも、センスってどこか感性のような感じがして、身につけることを教えてくれる人っていませんよね。

今回はそんなセンスについてどうしたら磨けるのかを書いていこうと思います。

本記事の内容

  • センスとは何か
  • センスを磨く方法

センスを磨くには

センスとは主に3つの段階からできていると思います。
情報収集する能力、情報を選択する能力、上手に伝える能力

センスは、この3段階を磨けば身についていきます。
センスがないと言われる人や自分にはセンスがないと思い込んでいる人も他人から認められていくはずです。

情報収集する能力

最初にいっておくと一番大切なのは、情報の選択です。
選ぶことがセンスといっても過言ではありません。

身の回りや生き方など、私たちは選ぶことで生きています。その中で、一番良い選択をすることで自分自身を作り上げていきます。

でも、その前に選択肢の範囲が広くなければなりません。
広ければ広いほど質は高くなっていきます。

その範囲を広げるには、見て、聞いて、体験して、情報をストックしなければなりません。
どんな些細なことでも情報になります。

日々、意識していくのが大切です。

【センスを磨くための方法】 情報を集めるための5つの方法

情報を選択する能力

集めた情報の中で、相手が一番欲しい情報は何か。
それを考えて、今までの情報の中で適切なものを選ぶのがセンスです。

現時点で最高の選択が、そのままセンスになるので、
幅広く情報を持っていた方がやはり良いです。

相手から必要な情報を聞いて、選び抜きましょう。

例え失敗しても相手の好みがわかりますし、情報を探し続ければセンスは磨かれていきます。

【センスを磨く方法】一番重要な「選ぶコツ」

上手に伝える能力

いくらセンスを磨いても他人から認められなければ意味がありません。

センスが良いとは相手に良い感情を与えることです。
なので、どんな時も人を喜ばせることがセンスが良いの近道になります。

そのためには相手を良い感情にする言葉や伝え方が重要です。
言葉や伝え方で相手は態度は変わります。

なので、相手が欲しい情報を相手にちゃんと伝えることが大切です。

この3つができれば、センスは磨かれていきます。

タイトルとURLをコピーしました