【センスを磨くための方法】 情報を集めるための5つの方法

前回は、センスを磨くための手順を紹介しました。

センスを磨くには? 自分を変える3つの手順。

今回はその中の情報を集める手段を書いていきます。

センスを磨くためには情報が必要不可欠です。

自分の情報量の中で、一番良いものが自分のセンスになります。
なので、情報量が多ければ多いほどセンスが磨かれていきます。

今回は、そんなセンスを磨くための情報集めについて書いていこうと思います。

情報の集め方

人から聞く

センスは1人で見つけるものではなく、周りから意見を聞いたり、話あったりすることで磨かれます。なので、他人に自分を開いて、与えたり、与えられることで向上します。
自分で知った情報には限界があります。他人から知らない情報を得ることも大切です。

店員と仲良くなる

顔馴染みのお店を作ることは、センスを磨く上で大切なことです。
レストラン、洋服、美容院、顔を覚えてもらうことができれば、融通をきいてもらうことができます。

レストランならメニューに載っていないものを出してくれる可能性があります。人を連れて行けばおもてなしにもなります。

お店はお客さんと接することが多いので、たくさんの情報を教えてくれるはずです。

本を読む

本は著者が学んできた知恵を集めたものです。これを利用しない手はないと思います。

センスが良いというのは、色々な考え方を知っている人です。なので、こういう考え方もあるのかと思ったら、どんどん取り入れていくことが大切になります。

入門書は絶対に読んだ方が良いです。
入門書はその分野の入り口になります。
なので、そこを読まないのは、スタートラインに立たないのと一緒です。

街に出る

街には色々な情報があります。
流行りや知らなかったことを探しにいきましょう。

時間が作れない人は遠回りがオススメです。

いつもとは違う道や一駅歩いてみると色々な発見があります。

流行りのところに行く

話にネタにもなりますが、新しいスポットは行くことはオススメです。

新しいところに行くことで、なんで流行っているのか、そういった考えや経験が身につきます。
それに例え気に入らなても、自分が経験したことで、人に勧めなくなるというメリットもあります。

センスが良い人は、良いところだけではなく、悪いところも知っています。
それに自分の知らないところには行かない、となると視野はどんどん狭くなってしまいます。

まだまだ、情報を得る方法はあると思いますが、ここを抑えておけば、
センスのある情報を得ることができます。
これを繰り返していくことで、センスを磨いていきましょう。

次の選ぶコツはここから。
【センスを磨く方法】一番重要な「選ぶコツ」

タイトルとURLをコピーしました