お稲荷さまの神社 ご利益と由緒

「街なかで良く見かけるお稲荷さまってどんな神社ななんだろう。」
「キツネの神さまっていうのは知っているけれど、どんなご利益があるんだろう。」
そう思ったことはありませんか。

今回はそんなお稲荷さまについて書いていこうと思います。

全国には何十万と言われる神社があります。
中でも断トツに多いのが、お稲荷さまを祀る神社です。その数は三万以上、名もない小さな神社も含めたら五万とも言われています。

そんな、稲荷信仰の祭神は、食べ物の神であるウカノミタマ神(うかのみたまのかみ)です。この神様は稲の精霊の神格化とも言われています。

お稲荷さまとはもともと稲作を守護する食物神
今では商売繁盛、諸産業守護、開運招福、除災招福、芸能上達、安産など色々のご利益もある神さまです。

そんな、お稲荷さまについて詳しく書いていこうと思います。

総本山 伏見稲荷大社

お稲荷さまと聞いて、多くの人が思い浮かぶのが、京都にある伏見稲荷大社ではないでしょうか。
伏見稲荷大社は全国の新道系お稲荷さまの総本山です。(お稲荷さまには神道系と仏教系という二つの流派があります。)
商売繁盛や五穀豊穣、諸産業守護を願い、多くの参拝者が訪れます。
伏見稲荷大社は京都の有名観光スポットでもあります。鮮やかな朱塗りの大鳥居や本殿、道なりに続くいくつもの鳥居は「千本鳥居」と言われています。

「この鳥居は幻想的な雰囲気をかもし出す場所でした。山の奥に行くほど人が減っていき、空気も澄んでくるので、別の世界にきてしまったのではと思うほどでした。」
下の写真は数年前に撮ったものです。

本殿
千本鳥居

伏見稲荷大社の起源は、奈良時代と言われています。
「山城国風土記」には「稲荷」の社名に関して、「秦氏の遠祖の秦伊呂具が、もちの的を射ると、そのもちが白鳥となって飛翔し、舞い降りた山の峰に稲が生じた。その奇瑞から伊奈利という社名になった」とあります。
社伝には、同じ時代に稲荷山三ヶ峰に稲荷神が鎮座したとあります。これが現在の伏見大社の鎮座地の稲荷山と言われています。ここから稲荷信仰が始まったとされています。
伝承のルーツは豪族が自分たちの氏神として祀った神さまでした。農耕神として信仰が始まったお稲荷さまですが、今では商売繁盛、五穀豊穣、諸産業守護、開運招福など多くのご利益があります。これは庶民の生活に密着していった結果、幅広い神徳を発揮する万能な神さまになったようです。
各地の稲荷大社もこうしたご利益があると言われています。

日本中に広がった訳

山城国の地方神だったお稲荷さまが、日本中に広がったのは平安時代、空海が開いた真言密教と関ったことです。真言密教の東寺の守護神となったお稲荷さまは、庶民へと浸透していきました。
特に中世から近世にかけての商工業発展の時期に、社会的な変化にともなって、農業神から諸産業をはじめとする庶民の衣食住にまつわる神さまへと拡大していきました。それが現在のお稲荷さまの姿になっていきました。

キツネとの関係

お稲荷さまと言えば、キツネというイメージがあると思います。
神社には狛狐や白狐の像がたくさん奉納されていますよね。
古来より、キツネは稲荷神の使いとされてきました。信仰では、山の獣であるキツネは、春に山から里に降りて田の神となって、秋の収穫が終わると山に帰るとされていました。これがキツネは山の神の化身と言われ、稲作を守護する稲荷神と結ばれたようです。

お稲荷さまは田畑の繁栄を願うために生まれた神様でした。それが空海によって庶民に広がり、多くのご利益をもたらす神さまになりました。
なので、稲荷大社や稲荷と付く神社に行った際は、ご利益を気にせず、お願いができます。
細かいことは気にせず大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました