お茶の品種と収穫時期について解説!これを読めば日本茶の産地がわかります。

日本茶にも品種があるのをご存知ですか?

知っているよ!という方の多くは、たぶんやぶきたを思い浮かべたのではないでしょうか。

では、それ以外はどうですか?
答えられた人はお茶好きかもしれません。

かく言う、私も最近までやぶきた以外は知りませんでした。

なので、知っている方にとっては、何を当たり前なことをと感じるかも知れませんが、今回は品種と収穫時期について書いていこうと思います。

これを読めばお茶のことが詳しくなるので、飲んでみたいお茶を見つけることができます。

お茶の簡単な知識については以下の記事を参考にしてみてください。
日本茶とは何なのか。どんな種類があるのか。
それがわかります。

日本茶の種類と加工について解説!好みのお茶を見つけよう。

日本茶の品種について解説

近年、農林水産省登録のお茶の種類は約50種以上あるそうです。

その品種は、大きく分けて煎茶用、玉露、抹茶用、釜炒り茶用、紅茶用に分類されます。
また、お茶の木を栽培する場所によっても品種が分かれます。

例えば、お茶の木は霜の被害を受けやすい植物なので、冷涼な土地の場合、遅く育つ晩生品種を選択します。

気候や立地は品種を分けるときにとても大切な条件なのです。

お茶の木の経済的な寿命は、30~50年と言われています。
幼木を植えてから収穫するまでに相当な時間がかかるので、簡単に違う品種に植え替えることができません。

日本茶のやぶきたとは何なのか?

お茶の品種で、特に有名なのがやぶきたですよね。

「やぶきたブレ○ド」
CMでも見かけますよね。

でも、詳しいことってあまり知らなかったりしませんか?

やぶきたとは1960年ごろに普及した品種のことです。

栽培しやすく、安定した収穫量が見込めて、なにより霜に強いというメリットから全国に広まりました。
今では国内の全茶園面積の約75%がこのやぶきただそうです。

また、先ほども少し触れましたが、早生や晩生などの基準はやぶきたで判断しています。

やぶきたより4~10日早く茶摘をするのが早生で、逆に4~10日遅いのが晩生です。

日本茶の品種について解説!

ここからは「やぶきた」以外の品種について解説をしていきます。

他にも魅力的なお茶の品種がたくさんあるので、ぜひお気に入りを探してみてくださいね。

日本茶の品種①:あさつゆ<

宇治の在来種から誕生した品種です。
テン茶や玉露、かぶせ茶など、被覆栽培に向いています。
うまみが強いのが特徴のお茶です。

天然玉露とも呼ばれています。

主な生産地は鹿児島県です。

日本茶の品種②:かなやみどり<

やぶきたを使って交配した品種のことです。
煎茶用の品種になります。

水色が濃く出やすいのが特徴で、甘い香りをもっています。

主な生産地は鹿児島県、静岡県です。

日本茶の品種③:さえみどり<

やぶきたとあさつゆを交配した品種で、煎茶用になります。
色は明るく、緑色で、フレッシュな香りが特徴的な品種です。

主な生産地は鹿児島県です。

日本茶の品種④:ゆたかみどり<

あさつゆから品種改良されたものです。

寒さに弱いので九州地方で栽培されています。
被覆して強く蒸すことで、濃厚なうま味が引き立つのが特徴になります。

主は生産地は鹿児島県です。

日本茶の品種⑤:つゆひかり<

静岡県の品種・静7132とあさつゆを交配したものです。

鮮やかな緑色をしており、深蒸し煎茶に向いています。

主な生産地は静岡県です。

日本茶の品種⑥:さやまかおり<

やぶきたの自然交配種として、埼玉県で誕生した品種です。

寒さに強く、煎茶にすると香りが強いお茶になるのが特徴です。

主な生産地は埼玉県、静岡県になります。

日本茶は収穫する時期によって分類される

日本では、お茶は八十八夜の頃に摘む一番茶からはじまり、およそ一ヶ月毎に収穫ができます。
その時期によって品質も変わってくるのが特徴です。

茶芽は、摘み取ってもまた生えてきます。
そのため、茶摘は春から夏にかけて数回行われるのが一般的です。

そして、その順番で名称が変わっていきます。

まず、その年の春に初めて摘むのが、一番茶です。
新茶のことを言い、渋みが少なく、うま味が強いため、良品質のお茶とされています。

因みに八十八夜とは立春から数えて88日のことです。
現在の暦だと5月2日あたりを指します。この時期に摘んだお茶は、味と香りのバランスが良く、品質の良いお茶になります。

それ以降、二番茶、三番茶と品質が徐々に下がっていきます。

地域によっては四番茶まで収穫をするところがあるそうです。

茶摘みの準備は、前年の秋からスタートします。
まずは整枝をして、余分な枝や葉を刈り取っていく作業です。
この時に刈り取れた葉で作ったお茶を秋番茶と呼びます。

この作業のあとに冬を迎えることになります。
お茶は寒さに弱いため、寒さ対策は必須です。

冬を経て、春になると新芽が芽吹きはじめます。
そして、茶摘のシーズンを迎えることになります。

葉の摘む部分で品質は変わる

お茶は摘む時期のほかに、摘む部分によっても品質が変わるのが特徴です。

お茶の新芽は、芽のもとになる部分が5~6個巻き込まれています。

一番最後の葉が完全に開いたときのことを出開いたと言い、この割合を出開き度で表していきます。

茶摘みの適度は出開き度50~80%です。
90%を越えると品質が低下していきます。

また、出開いた葉を摘む部分によっても、品質は変わります。
先端の芽から葉の数で、一芯二葉、三葉と数えていくのですが、二葉~三葉が最適な時期です。

摘み取る時期によって含まれる成分が異なるので、生産者はどこまで摘むのか見極めなければなりません。

日本茶の品種と収穫時期についてまとめ

日本茶にはたくさんの品種があります。

その品種と摘む時期や摘む場所によって、味や香りも変わっていくのが特徴です。

自分の好みを見つけるのは大変かもしれないですが、それを見つけられたらお茶のことがもっと好きになるかもしれませんね。

たくさんの選択肢があるので理想のお茶をどんどん見つけていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました