【小説】「本日は、お日柄もよく」のネタバレありの感想や作品紹介!

原田ハマさんが書いた

「本日は、お日柄もよく」

を読んで思ったことを書いています。

本記事の内容

  • 本日は、お日柄もよくについての紹介
  • 本日は、お日柄もよくの感想

スピーチライターという職業を通して、言葉の大切さを知れます。

物語も読みやすいのですぐに読めてしまう小説です。

「本日は、お日柄もよく」について紹介

「本日は、お日柄もよく」の作品紹介していきます。

まずはあらすじからです。

「本日は、お日柄もよく」のあらすじ

OL二ノ宮こと葉は、想いをよせていた幼なじみ篤志の結婚式に最悪の気分で出席していた。ところがその結婚式で涙が溢れるほど感動する衝撃的なスピーチに出会う。それは伝説のスピーチライター久遠久美の祝辞だった。空気を一変させる言葉に魅せられてしまったこと葉はすぐに弟子入り。久美の教えを受け。「政権交代」を叫ぶ野党のスピーチライターに抜擢された!目頭が熱くなるお仕事小説

http://www.tokuma.jp/ohigara/

作者紹介

原田ハマさんは1962年生まれの東京出身の作家さんです。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部美術史科卒業。その後、伊藤忠商事、森美術館設立準備室、ニューヨーク近代美術館勤務を経て、2002年独立後フリーランスのキュレーターとして活躍しました。※キュレーターとは博物館や美術館などの展覧会企画・構成・運営などをする専門職のことです。

2005年「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞。2012年には「楽園のカンヴァス」で第25回山本周五郎賞を受賞しています。その他にも多数の受賞作品があります。

「本日は、お日柄もよく」は映像化されている!

今回紹介する、「本日はお日柄もよく」はWOWWOWでドラマ化されました。
主演を比嘉愛未さんが演じています。
なので、ドラマで知っている方も多いかもしれませんね。

動画配信サービスではU-NEXTで視聴可能です。

「本日は、お日柄もよく」の感想とネタバレ

あらすじにも書いてありますが、このお話はスピーチライターという職種にスポットライトが当たっている内容です。

この本を読むまで、スピーチライターという職業があることを知りませんでした。
そして、仕事内容の大変さと偉大さに驚きました。

この本は、主人公の二ノ宮こと葉を通して、そのスピーチライターについてもわかるし、言葉大切さがわかる本です。

以下は感想とネタバレになります。

偉大な人が話したスピーチの裏には、ライターが存在する。このことを小説から知りました。
この本はフィクションでありながら、実際の登場人物も出てきます。

前大統領バラク・オバマ氏。記憶にある方も多いと思いますが、Yes,We canが印象的な大統領でした。
このフレーズもスピーチライターの方が考えた言葉のようです。

このように多くの人の心に残るような、心が揺さぶられるような、言葉を考えているのがスピーチライター仕事の一部らしいです。
そういったスピーチライターの仕事内容をこの小説を通して知ることができます。

小説自体は物語形式なので読みやすかったです。
途中、月日の流れがあっと言う間に過ぎ去る時がありましたが、あまり気にはなりませんでした。

主人公のこと葉が、幼なじみの結婚式での失敗談から物語りは動き出します。
幼なじみにあたる篤志が開いた結婚式のスピーチを取引先の社長がやることになります。
こういう式でのスピーチは長く、退屈なものが多いですよね。
こと葉もそう思う1人でした。

なので、眠気に勝てず、机に置いてあるスープに顔面を入れてしまいます。その結果、着物や顔が大変なことになり、汚れを落とす為に外に出ることに。
たまたまその場に居合わせた女の人がいました。
その人こそ伝説のスピーチライター、久遠久美です。
この出会いがきっかけで、こと葉はスピーチライターを知り、弟子へとなっていくのです。

後半はそのスピーチライターがより輝く、選挙に移ります。

幼なじみの篤志は祖父の跡を継ぎ、国会議員へと立候補します。それを助けるのが久遠の弟子になったこと葉でした。こと葉自信の成長と篤志の身におこった出来事など、困難を乗り越えながら進むお話は、スピード感を持って読むことができます。

このお話を通じて思ったのは、言葉の力の凄さです。

誰でも話すことができるのに、話す人や状況によって印象は変わる。
その印象を作り上げるのが計算されたスピーチと人柄。
また技術として実際に経験したことは話す上で重要なことだと改めて感じました。

小説内では幼なじみの篤志の妻が、救急車で運ばれるシーンがあります。妊娠していた妻は救急車で運ばれながらも、病院が見つからずたらい回しにされてしまいます。結果、子供は流産することになってしまいました。これは選挙相手による妨害でした。しかし、この妨害が当選のきっかけになります。たらい回しの実体験を演説で話したことで、医療の問題を知り、多くの国民の共感を得ることができたのです。

実際に経験しているからこそリアルに話せる。誇張も大切かもしれないけど、それに勝るものはないなと思いました。

この小説は、随所にスピーチの技術や大切なことが散りばめられています。それだけでも読む価値はあると思います。ストーリー自体も読みやすく、面白いです。また、格言や心に刺さる言葉もたくさんあります。

私はこの小説を人にススメたい作品だと思いました。また、これをきっかけに言葉について学ぼうと決めました。

タイトルとURLをコピーしました