strongタグの多用はSEOに悪影響なのか?解決法も紹介【やっておいて損はありません】

文字を太くする方法ってstrongタグで良いのかなぁ
でも、strongタグの多用はSEOに悪影響っていうし・・・

こんな悩みを解決します。

文章を書いているときに大切な部分を太文字にしたいと思ったことがあると思います。
そんなときに使いたくなるのがstrongタグです。

初心者の人はキーワードを目立たせたいと使っているのではないでしょうか?

でもそんなstrongタグは使い方に注意が必要なものになります。

今回はそんなstrongタグについて書いていきます。

本記事の内容

  • strongタグとは?
  • strongタグのペナルティって?
  • strongタグ以外に使える太文字とは?

結論からいうとstrongタグの使い過ぎはSEOに悪影響があると言われています。

strongタグはGoogleに重要なキーワードであることを伝える効果があるといわれているために、多用するとペナルティや順位降下の恐れがあります。

なのでなるべく使わない方が良いです。

その辺も詳しく解説していきます。

本記事を参考にすると、正しく太字の強調をすることが可能です。

ゆうやけ
ゆうやけ

私は調べるまでstrongタグを使っていました。
でも、代替え案を知ってそれに変えました。

 

strongタグとは

strongタグとは、文字を強調するために太くすることができるHTMLタグのことを言います。
WordPressでいう「b」ボタンです。

これを出すと太くなります。

役割としては下記の2点です。

・文字の強調
・検索エンジンに重要なキーワードと伝えるため

これは読者とGoogleに重要なところであるという印象を与えられます。

strongタグのペナルティって?

strongタグの多用はペナルティの可能性があります。

strongタグはGoogleに重要なところを知らせるサインになります。
それがたくさんあるとアレもコレも重要であると言っているようなものです。

そうするとどれが本当に大切なのかわかりません。
これがSEOに悪影響が出てしまう原因です。

実際にstrongタグの数を減らしたリライトで、順位が上がった事例もあるそうです。

使いすぎてペナルティを受けたという人はいないので、なんとも言えませんが順位が上がることもあるので気にしていて損はありません。

strongタグの使用回数について、具体的な数字を出すと、1本の記事に3つ程度までが良いとされています。

ゆうやけ
ゆうやけ

私はキーワードや大切な言葉のときに使っています。

strongタグ以外に使える太文字とは?

strongタグの代わりに使える強調タグは「spanタグ」です。

このタグは文字を装飾するさいに良く使われるタグになります。
色を変えたり、文字の大きさを調整したりできるものです。

このタグを使えば強調もできるし、Googleに重要なキーワードとして認識されないようにできます。
多く使用しても問題はありません。

ただ、強調しすぎると記事が読み辛くなるので、ほどほどにしておくと良いと思います。

ちなみにspanタグの太字はワードプレステーマによっては最初から用意されている場合があります。

まとめ

本当に大切なキーワードはstrongタグを使って、それ以外はspanタグで強調するのが良いです。

SEOにどれくらい影響するかはわかっていませんが、対処しておいて損はありません。

自分のコンテンツは大切にしておくべきなので、とりあえずspanタグを使いましょう。
Googleからの評価が下がるのは非常に勿体無いですからね。

ぜひstrongタグを使っていた人は変えてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました